FC2ブログ

海草汁ダイエット

日本人が西洋の人たちにくらべて、海草類をよく食べることによるのではないかと考えられております。


長寿国・日本のなかでも、とくにお年寄りが元気で長生きなことで知られる沖縄は、


日本で最もコンブを消費する県です。


一方で、近年日本人に大腸ガンや子供のうちから肥満に悩む人もふえています。


それは、私たちの食生活が西洋的になり、食卓からは海草が減り、肉の量がふえてきたからなのではないでしょうか。


実際に海草は、大腸をきれいに掃除して発ガンを防ぐ働きがありますし、


なにより注目したいのは、肥満を防ぐのに絶大な効果があることです。


海草がこのような働きをするのは、アルギン酸を含んでいることによります。


アルギン酸というと聞きなれない人もいるかもしれませんが、


あのコンブやワカメのヌルヌルがアルギン酸で食物繊維の一種です。


「食物繊維なら、野菜で十分にとっている」という人もいますが、


ひと言で食物繊維といっても、それぞれに性質が異なります。


アルギン酸は水にとける水溶性食物繊維の代表で、非水溶性食物繊維にくらべ粘度が強いのが特徴です。


粘度が強いということは消化管に長くとどまることができます。


まず、胃の中の食物の滞在時間を引き延ばす働きがあるので、満腹感が長くつづきます。


また、腸の中ではコレステロールの吸収を阻害する働きもあるのです。


さらに、腸の働きを整える作用もあるので便秘の解消にも役立ち、下腹部太りの改善が期待できます。


アルギン酸はこれらの作用で強力に肥満を防ぐわけです。


海草のなかでもアルギン酸を豊富に含んでいるのは、コンブやワカメ、のり、ひじきなどがあげられます。


これらには、カリウムやカルシウム、鉄分や亜鉛などのミネラルもたくさん含まれていることも


見のがすことはできません。


カリウムは体内の余分な塩分を追い出すので、血圧安定に効果があるだけでなく、むくみもとってくれます。


カルシウムは、骨を丈夫にするだけでなく、精神を安定させる働きもあるので、


ダイエット中のイライラをしずめるのに効果的なミネラルです。


ダイエットという点でいうと、食事制限などすると女性は鉄分不足に陥り貧血を起こす原因にも。


同じく亜鉛も不足がちになって婦人科系に悪い影響を与えることにもなりかねません。


こうして考えると、健康を守るのに必要なミネラルも含む海草は、


健康的にダイエットをするうえでピッタリな素材ということができます。


ですから、海草を食べやすいかたちで、毎日の食卓で無理なく食べる海草汁ダイエットは、


肥満に悩む、または無理なくスリムになりたいと望む老若男女、すべての人にすすめられるダイエットです。


酢ワカメの作り方を紹介します。


1.水にもどしたワカメ2~4gを、食べやすい大きさに切る


2.切ったワカメを皿に盛り、酢大さじ1程度(好みでかげんしてもよい)をかける


3.もどしたワカメ2g分なら1~2回に分けて、食前に。4gなら夕食前に食べる


コンブ汁の作り方を紹介します。


1.幅4cm、長さ15cm(あくまで目安)のコンブ1枚を半分に切り密閉容器に入れて水を600ml注ぐ


2.密閉容器の蓋をして(なければラップをかけて)、冷蔵庫か涼しい場所にひと晩おく


3.朝起きたときに200mlほど飲む。残った汁はコンブ料理に使ってもOK。コンブ汁は3日で飲み切る


ヨーグルト寒天の作り方を紹介します。


1.棒寒天1本を水につけてふやかしゴミをとる。鍋にちぎって入れ、500mlの水で沸騰させずに煮る


2.棒寒天が充分煮とけたら、密閉容器などの容器に流し入れ、冷蔵庫で冷やして固める


3.ヨーグルト(苦手な人はハチミツで甘味を)100mlに固まった寒天の4分の1を加える。おやつに最適


どの海草汁をどのように組み合わせても、自分流にアレンジしてもけっこうですが、


1日4gほどの海草を食べることで、ダイエット効果があるはずです。


どのような方法であれ、体の脂肪がとれてくるのには多少は時間がかかります。


個人差はありますがやせ始めるまでに2週間はみてほしいものです。


寒天はコンブなどとは違って、含まれる食物繊維は非水溶性ですが、


量がたいへん多いため、便秘解消効果は群を抜いています。


さらに味も淡泊で、おやつにもなるので、海草汁ダイエットを飽きずにつづけるために、組み入れるといいでしょう。


健康的なダイエットを成功させるコツは飽きずに一定の期間つづけ、少しずつ体重を落していくことですから。







送料無料 鳴門わかめの生ふりかけ しそわかめ 通常2,640円相当(鳴門 わかめ、鳴門 かに、鳴門 ...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント