FC2ブログ

おサイフに優しい納豆ダイエット

大豆を原料に発酵させて作る納豆は、必須アミノ酸を含んだ良質なたんぱく質など、


大豆の有効成分がそのまま含まれています。


ただし、大豆はそのままでは消化しにくく、体内ではたんぱく質の6~7割ほどしか吸収されないのが現状。


しかし、発酵して納豆になることで消化性が向上し、含まれるビタミンやミネラルも増加することで、


たんぱく質の消化吸収率も9割以上にアップするといわれています。


また、納豆には便通をよくして腸内環境を整える不溶性の食物繊維も豊富に含まれているため、


ダイエットの大敵である便秘解消にも役立ちます。


その他、「ナットウキナーゼ」「ビタミンK2」「リノール酸」「イソフラボン」といった


ダイエッターにも嬉しい栄養成分が豊富に含まれているので、詳しく解説していきましょう。


「ナットウキナーゼ」は、強力な血栓融解作用(血液サラサラ効果)を持つ酵素で、納豆のネバネバ部分に存在しています。


この「ナットウキナーゼ」の一日の摂取推奨量は2,000FU/日以上(納豆50g相当)。


市販の納豆1パックがまさに50g前後なので、一日1パックの納豆を食べれば、


必要量の大部分を取ることができるということになります。


血液がサラサラになれば代謝アップにもつながり、健康&ダイエットにも効果が期待できます。


脂溶性のビタミン「ビタミンK」には、ビタミンK1~K4の4種類があり、


そのいずれにも「血液を凝固させる(止血)作用」


「カルシウムを骨に定着させる作用=骨粗鬆症の予防」があります。


「ビタミンK1」が野菜や海草類に多く含まれているのに対し、「


ビタミンK2」は微生物が作り出すビタミンであるため、通常の食材にはなかなか含まれていないもの。


その「ビタミンK2」の含有量が世界一なのが「納豆」です。


ダイエット中はカルシウムが不足しがちで、極端な食事制限は骨粗鬆症を招く恐れがあるので、


「納豆」を積極的に食べることで予防に役立ちます。


「納豆」には良質のカルシウムも多く含まれているので、


乳製品と一緒に摂るとカルシウムの骨への定着がよりアップします。


「リノール酸」は体内で合成できないため、食品から摂らなくてはならない必須脂肪酸。


「リノール酸」には血中コレステロール値を下げる効果や動脈硬化防止作用があり、


内側からの若返り効果も期待できます。


女性ホルモンに含まれ、骨密度をキープするエストロゲンと同じ働きをする「イソフラボン」も「納豆」には含まれています。


無理なダイエットによりホルモンバランスが崩れると「エストロゲン」不足になり、キレイ痩せは実現できません。


食事の約20分前に納豆に野菜などをトッピングし混ぜ合わせたものを食べる方法。


オススメのための食べ合わせ



「納豆+キムチ」


キムチの材料である唐辛子に豊富に含まれているカプサイシンには血行を促進し、糖代謝を促す働きがあります。


「納豆+大根おろし」


大根おろしに含まれる「ビタミンC」を一緒に摂れるので美肌効果にも期待。


また、大根おろしに含まれる食物繊維がお腹で膨らみ、満足感を与えてくれます。


さらに、食物繊維が腸を活発にしてくれるので便通改善にも◎。


「納豆+めかぶ」


ネバネバ×ネバネバの組み合わせで満腹感アップ。


また、めかぶは低カロリーなのでダイエット中には嬉しい食材です。


「納豆+レタス」


レタスの千切りを納豆と混ぜ合わせる方法です。


この組み合わせも食物繊維が豊富に摂れるので、便秘改善などに役立ちます。


また、野菜不足の人にもオススメです。


「納豆+トマト」


トマトを細かく刻んだものと納豆を混ぜ合わせます。


トマトに含まれるリコピンには活性酸素を除去する働きあるので、


納豆と一緒に食べれば美容面にも嬉しい効果が期待できます。


食物繊維が豊富な納豆に、さらに食物繊維たっぷりな野菜などを加えて食べることで、


満腹感がアップし食事量を自然と減らすのが狙いです。


また、食事の20分前という点もポイント! 


食事を食べ始めると血糖は徐々に上がり、20分後ぐらいから満腹中枢が刺激されるといわれています。


つまり、食事の20分前に「納豆+食材のトッピング」を食べれば満腹中枢が刺激され、


いつもより少ない量でも満足でき、ダイエットに繋がるというわけです。







●お試し価格目からウロコが落ちる(無農薬・無添加)「特選」天然わら納豆「ふくふく」100g1,1...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント