FC2ブログ

わかめダイエット

ワカメが新しいダイエット食品として話題ですが、これはじつに理にかなった方法です。


カロリーも低く、栄養豊富なワカメは、ダイエットのみならず、高血圧、コレステロールなど


さまざまな病気に対して効果を発揮してくれます。


まずは、ワカメの知られざる健康効果について、それぞれの特効成分を説明していきましょう。


1.ダイエット・肝臓の強い味方ヨード


ミネラルの一種で、甲状腺ホルモンの成分として知られています。


このヨードが不足すると、基礎代謝の低下を招き、脂肪が燃えにくくなることがわかっています。


つまり、ヨードを効率よく摂取すれば、脂肪が燃えやすい、


つまりやせやすい体に生まれ変わることができる、というわけです。


また、甲状腺の機能が高まることで、アルコール性の脂肪肝などを防いでくれることもわかっています。


肝臓が気になる人にも、ぜひおすすめしたい成分です。


2.コレステロールやナトリウムをからめとるアルギン酸


ワカメに多く含まれる水溶性の食物繊維の一種。この物質は体内で、


ナトリウムを吸着、排出する働きがあり、高血圧を改善してくれる効果があります。


また、コレステロールを排出してくれる効果があることも判明しています。


3.ガン予防に効果的なフコキサンチン


β-カロチンの一種で、褐色の色素です。β-カロチンというと、


皆さんはニンジンなどの緑黄色野菜を思い出すでしょう。


野菜にしか含まれていない成分と思われがちですが、じつはワカメなどの海藻にも多く含まれているのです。


フコキサンチンをはじめとするβ-カロチンの効果はさまざま。


そのなかでも、よく知られているのが抗ガン作用です。


フコキサンチンは、とくに皮膚ガンに効果があることがわかっています。


4.骨を強化するカルシウム、マグネシウム


意外に思われるかもしれませんが、じつはワカメにはカルシウムが豊富。


骨を強化して、骨粗鬆症などを予防、改善してくれます。


さらに、カルシウムの吸収を助けるマグネシウムもバランスよく含まれているため、高い効果が期待できます。


生のワカメのカロリーは、100gあたりたったの17キロカロリー。


ごはん1杯が180キロカロリーですから、この数字がいかに低いものかおわかりいただけるでしょう。


ローカロリーで栄養も豊富なワカメは、まさに最強のダイエット食品といえます。


1日の目安としては、だいたい生ワカメで50~100g食べれば十分でしょう。


そうはいっても、これだけの量を、毎日食べつづけるのはたいへんです。


みそ汁の具にしてもそれほど食べられるわけではありません。


そこでおすすめなのが、ワカメを麺状にするという方法。


ワカメを粉状にして、寒天で固めて食べれば、腹もちもいいので、それだけで1食分になります。


乾燥ワカメは、水でもどすと10倍以上に膨らみます。ですから乾燥ワカメなら5gぐらいでOK。


寒天にもカロリーはほとんどないので、ダイエットの強力な味方になってくれます。


また、市販のワカメ麺も売っていますので、そちらを利用してもよいでしょう。


100gあたり7キロカロリーなので、こちらもダイエットには最適です。


ここで、私が考えた、最も効果的にダイエットできる食生活をお教えします。


●朝:野菜ジュースやお茶


●昼:ワカメ麺など海藻類中心


●夜:穀物(ごはんやパン)中心。野菜を多めに肉類は少なめに


この方法ならカロリーオーバーする心配もありませんので、ぜひ実践してみてください。


最後に注意点をひとつ。ワカメを食べすぎると、甲状腺の疾患になってしまう人もいます。


体にいいとはいえ、食べすぎには注意してください。







【わかめうどん】◆三陸の名産品◆乾麺なので、一年間保存可能!健康志向の美食家にオススメで...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント