FC2ブログ

五穀ミルクダイエット

現在、日本古来からの食材が見直されています。そのひとつが五穀です。


五穀とは、玄米、麦、ハト麦、ヒエ、アワ、キビ、黒米、赤米、そば米……などの総称。


五穀はビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富で、生活習慣病など現代の健康の悩みを解決すると期待される食材なのです。


たとえば、精米した白米は、色が白くおいしいものですが、栄養的に見ると、そのほとんどの栄養成分が削りとられてしまった残りの部分です。


そのため玄米が最近注目を集めるのですが、玄米は調理しにくい穀類です。


やわらかく炊けるように工夫されたものも出回るようになりましたが、味覚的になかなか馴染まないという人も多いようです。


そこでおすすめしたいのが、この栄養成分が凝縮された五穀を粉末にし、牛乳に入れた「五穀ミルク」です。


現代の日本人にとって、とくに不足している栄養素が食物繊維とカルシウムです。


あとでくわしく解説しますが、五穀ミルクならば、そのどちらの成分も同時にとることが可能です。


また、五種類の穀物を使うため栄養成分も豊富ですし、粉末にすることで、栄養成分を効率的に吸収できます。


五穀ミルクは五穀をから煎りするため、においも香ばしく、ほのかな甘味もあり、飲み物としても美味。


牛乳が苦手な人も、五穀ミルクならおいしく飲めるとおっしゃることが多いようです。


食生活の改善でたいせつなのは、継続すること。その点でも五穀ミルクはすばらしい飲み物だと思います。


栄養的にみると、五穀は食物繊維が豊富です。食物繊維は、胃腸の働きを整え、便通をよくしてくれます。


また善玉の腸内細菌のエサになり、善玉菌をふやし、腸内環境を整える作用もあります。


いまや常識ですが、便秘は健康と美容の大敵。五穀ミルクを飲むことは、老廃物を出して、体の新陳代謝を高めてくれるのです。


また、食物繊維は体内で膨らむため満腹感も得られます。食前に飲むことで、おなかがふくれ、食べすぎを防ぐことができるでしょう。


五穀はミネラルもバランスよく含んでいます。


ミネラルは、大量に必要とするものではありませんが、体の機能調節には欠かせないものです。


鉄不足が貧血、カルシウム不足は骨粗鬆症を起こすことはよく知られていますが、それ以外にもさまざまなミネラルをわれわれの体は必要としているのです。


ビタミンB群も五穀には豊富です。たとえばナイアシンは糖質や脂質の代謝を高める作用があります。


ですから、ダイエット効果も期待できます。また、いろいろな穀類をまぜるため、数多くの栄養素をバランスよく一度にとることも可能です。


古来から日本人の食卓には、五穀がさまざまなかたちで登場していました。


これだけすばらしい栄養成分を持つ五穀が見直されてきたのは、ある意味当然のことなのかもしれません。


便秘を防ぎ、ダイエット効果が期待できる五穀ミルク。五種類の穀物をまぜるため、さまざまな栄養が豊富に含まれ、体質改善効果も期待できます。


材料


5種類の穀物を合わせて50g(五種類の穀物の種類は、玄米・ハト麦・キビ・黒米・アワ・大豆・ヒエなどお好みで)


牛乳


作り方


1.5種類の穀物をすり鉢に入れ、すりこぎでする。できるだけこまかくすったほうが飲みやすく、栄養の吸収率も高まります。


2.フライパンで弱火でから煎りする。香ばしいにおいがして、きつね色になればOK。煎りすぎると焦げくさくなるので注意


3.あら熱がとれたら、ティースプーン2杯の五穀の粉末を、コップ1杯の牛乳(約200ml)に入れる


4.1を加え、かきまぜる


5.五穀の粉末と牛乳をよくまぜれば完成。コップの下に沈殿した粉末も飲もう!


注意点としては、


余った粉末は密閉容器に入れて冷蔵庫で保存。2週間以内に食べ切ること


雑穀として市販されるものには、そばが入っている場合もあるので、アレルギーの人は注意


ぜひ、五穀ミルクを利用して健康的な毎日を過ごしてください。







命の粉 箱入り 2.5g×31袋
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント