FC2ブログ

ダイエットの為のバランス食のコツ

痩せたい場合も、欠かしてはいけない栄養素が3つあるのをご存知でしょうか。


それは「たんぱく質、炭水化物、脂肪」です。たんぱく質はわかるけれど、


炭水化物と脂肪って摂らなきゃ手っ取り早く痩せるのでは? と思うかもしれませんが、実はそうではないのです!


脂肪や炭水化物は不要などころか、必要不可欠なもの。


どれを抜いてもいけないこの3つの栄養素をどうやって摂るか、


そしてどう利用するか、これをマスターするのがダイエットのコツといえます。


スリムで健康なボディを効率良く手に入れるには、まずは代謝機能を正常に動かし、


かつ効率を高めることが最重要。何かが欠けると身体は危機感を感じて、


本来あるべき機能を勝手に低下させはじめてしまいます。


ちなみに、ビタミンやミネラルは、この3つを効率良く代謝させる働きをするものなので、


炭水化物抜きや脂質抜きの状態でいくらビタミンミネラルを補給しても、実はあまり効果はありません。


また3大栄養素が不足すると、代謝は正常に行われなくなり、仕事の効率が落ちる、リバウンドしやすくなる、


ストレスへの耐性が低下する、基礎代謝が低下して太りやすく痩せにくい体質が出来上がる……など、


とデメリットばかりが増えてしまいます。


何をどのくらい食べたら良いのか?どんな食品でも食べ過ぎたら太ります。


たんぱく質でも過剰な分は実は体脂肪に変わりますし、肉や魚の摂り過ぎは脂肪の摂り過ぎにもつながるもの。


働く成人が1日に食べたい食品の目安を、男女別にご紹介します。


1日に食べたい食事の目安・働く成人女性編働く女性用の1日2000kcal分の食事の目安です。



主食……ご飯中盛り1杯と、麺類を1食分、パン1~2枚程度、和菓子1個程度(ご飯だけなら中盛3.5杯分)


副菜……野菜炒めや野菜の煮物、野菜類の小鉢などを1日に5皿分程度


主菜……肉料理、魚料理、卵、豆腐料理などを、1日に2~3皿程度


乳製品……牛乳を1本


果物……りんごなど大きめの果物は1/2個分、ミカンなどは2個分程度


おそらく多くの女性の方が、野菜が足りない傾向にあるかもしれません。


自宅で食事をとるときを中心に、たっぷり野菜を食べるように心がけて!


お菓子類は主食に入るものなので、週に何度か好きなものを楽しんで、上手にコントロールしましょう。


働く男性用の1日2650kcal分の食事の目安です。


主食……ご飯中盛り1~2杯と、麺類を1食分、パン2枚程度(ご飯だけなら中盛4~5杯分)



副菜……野菜炒めや野菜の煮物、野菜類の小鉢などを1日に5皿分程度


主菜……肉料理、魚料理、卵、豆腐料理などを、1日に3皿程度


乳製品……牛乳を1本


果物……りんごなど大きめの果物は1/2個分、ミカンなどは2個分程度


いかがでしょうか。おそらく男性の多くが、おかず類が多く、野菜が足りない傾向にあるのでは?


アルコールも炭水化物に分類されるので、気をつけましょう。


これはあくまでも1日の目安量なので、日々の食生活を楽しむためには、


週単位で考えて、食べすぎたら数日かけて増減をリセットするように心がけましょう。


週に何度かはごちそうを楽しむ日を作りながら、上手にコントロールを!


太らないための食べ物チョイス近年ではほとんどの食品にカロリー表示もあり、


カロリーブックなども多く発売されているので、自分にあったカロリーブックを1冊購入するのもオススメ!


少し面倒に感じるかもしれませんが、生涯太りたくない人は、


やはりバランスの良い食生活を送るのが、局は効果絶大です。


カロリー数値とともに、食べる食品のバランスを考えて、


食生活の内容を充実させることで脂肪をきっちり燃やせる身体を作っていきましょう。







リンゴ酢 スティック20ml×5本セット【送料無料】黒酢・もろみ酢より飲みやすくて美味しい♪り...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント