FC2ブログ

ダイエット中のラーメンの食べ方

ダイエット中の人にとってラーメンは大敵ですが、まったく食べないで過ごすのもなかなか難しいものです。


たまにだったら食べても問題ないし、トータルでカロリーコントロールができてればOKです。


ここでは、ダイエット中にラーメンを食べる時の、ちょっとした注意点やテクニックを紹介します。


まず何ラーメンを食べるか。ラーメンには醤油、みそ、とんこつ、塩、最近では醤油とんこつなんかもありますね。


この中では、醤油と塩がわりとカロリーが低めです。


みそやとんこつには、こってり系のものが多く、高カロリーの傾向があるので、要注意です。


ラーメンにはいろんな具が入ってます。チャーシュー、メンマ、ネギ、のり。


やっぱりチャーシューはカロリーが高く、量にもよりますが100kcal以上あるものが多いです。


ただチャーシューは、たいていどのラーメンにも入ってるものなので、少し残すようにしてもいいでしょう。


もちろん、チャーシュー麺ともなれば、かなり高カロリーになるので、オーダーは避けましょう。


またタンタン麺やジャージャー麺も、ひき肉を使ってるので、カロリーが高い傾向にあります。


白菜やキャベツ、もやしなど、野菜が多く入ってるラーメンを選ぶといいですね。


自宅で作る場合も、なるべくたくさんの野菜を入れるようにしましょう。


麺の太さを選べるのであれば、太麺よりも細麺にすることで、多少カロリーを抑えることができます。


また、カロリーが高そうだなぁと思ったら、麺を少し残すようにするといいです。


ラーメン好きの人は、スープを全部飲んじゃったりしますが、ダイエット中にこれは危険です。


ラーメンのスープには、ダシやチャーシューなどの脂肪分が溶け出してるので、


スープだけで100~200kcalを摂取することになります。スープは極力残すようにしましょう。


ラーメンを食べると、つい餃子なんかも頼んじゃったりしますが、


ラーメンと餃子のセットだと、カロリーが800kcalを越えてしまうこともあります。


栄養バランス的には、サラダなどの野菜が入ったサイドメニューを頼むのがベストです。


自宅でラーメンを作る場合は、野菜のサイドメニューをいっしょに食べるようにしましょう。


ラーメン屋にはなかなかないので、1日のどこかで野菜を多くとるようにしましょう。


最後に、ラーメンは基本的に高カロリーなので、夕食よりも昼食に食べることをおすすめします。


夕食、ましてや深夜に高カロリーのラーメンを食べれば、余ったエネルギーが脂肪として蓄えられちゃうこと間違いなしです。







○自然とのつながりを大切に、素材の持ち味を生かし、つくり方にもこだわりを持った食品、自然...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント