FC2ブログ

ダイエット中のビールの飲み方

ビールが太りやすいと言われる理由と、対策方法を見て行きましょう。


まず、他のお酒に比べてビールのカロリーがどれくらいか知っていますか? 


商品によって差はありますが、目安としては次のような数字です。


・缶ビール1本(350ml)…約140kcal


・中ジョッキビール1杯(500ml)……約210kcal


・乙類焼酎1合(180ml)…約260kcal


・ウイスキーシングル(30ml)…約70kcal


・ワイン1杯(120ml)…約85kcal


お酒のカロリーは、含まれるアルコールの割合に左右されます。


アルコールは1gあたり7kcalなので、炭水化物やたんぱく質(共に1gあたり4kcal)よりずっと高カロリー。


基本的にはアルコール度数の高いお酒は、カロリーも高くなる計算になります。


また、飲む全量がどれくらいになるのかも大きなポイント。


2時間ほどの間にビールならジョッキ5杯程度は飲む……という方はご用心。


ビールだけで1000kcalを超えてしまう計算に!


少しずつ飲めるワインや焼酎のほうが、トータルのカロリーが低く抑えられる場合もあるでしょう。


その性質上「一回の飲み会あたりのカロリー」としては、ビールが他のお酒よりもカロリー過多になりすぎる傾向にあると言えそうです。


ビールは、炭酸を含む飲料の特性として「食欲を増進させる」効果があると言われています。勢い良くビールを飲みながら、おつまみも同じスピードでぱくぱく。


これでは、たくさんのカロリーを摂ってしまうことが避けられません。


そして、揚げ物をはじめとした油を使った料理と相性が良いのもビールの特性。


ビールのおつまみとして、ついついから揚げやフライをオーダーしてしまいがちになるため、


結果としておつまみ自体が高カロリーになることも多いのです。


また、ビールは塩気とも相性が良く、味の濃いおつまみと一緒にビールを飲むと、


より美味しくたくさん飲めてしまい、気づけば一気にカロリーオーバーになっていた、という可能性もあります。


太らないためのビールの飲み方は、やはり、全体量を抑える工夫が必要。


ダイエット中は、


小さなジョッキで飲む


とにかくゆっくり飲む


間にお茶などノンカロリーのソフトドリンクを挟む


飲みに行く頻度を下げる


ノンアルコールの日を設ける


などの工夫をして、ビールを飲む量を減らすことも必要です。


ビールと一緒に食べても太りにくいものとして、次のものがオススメです。


アブラが少ない高たんぱくのおつまみ……豆腐類、鶏のササミやムネ、内臓(ハツやセンマイ)、馬肉など。


                   良く噛んで食べると、代謝を高めてくれる効果がアップ!


食物繊維が多いおつまみ……きのこや海藻、野菜の料理などを、ビールを飲む前に食べると、


             血糖値の上昇を緩やかにしてくれるので、飲んだビールが体脂肪になりにくいです。


             他にも切り干し大根、かぼちゃ煮、ひじき煮、などのお惣菜や納豆、枝豆もおすすめです。


良く噛む必要があるもの……野菜スティック、ゴボウ、こんにゃく、イカの干し物など。食べすぎを防いでくれます。


「ビールを飲む前に、食物繊維を多く含むおつまみを食べる」と、ビールが体脂肪になりにくいのでおすすめです。







赤字覚悟☆グルメ大賞4年連続受賞ビール!ギフトを選ぶ前の味見にも!【初回限定】1000円ポッキ...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント