FC2ブログ

ダイエットの味方お好み焼き

お好み焼きの主な素材は、キャベツ、たまご、豚肉、小麦粉など。ひとつの料理で、


三大栄養素たんぱく質、炭水化物、脂質を含み、キャベツたっぷりで栄養バランスも悪くはありません。


選び方と食べ方次第でダイエットに向いている料理でもあります。


まずは主な素材とダイエットの関係について解説します。


豚肉……糖質の燃焼に効果があるビタミンB1を多く含んでいます。


ただし、脂の多い部位が大量に入っているとカロリーアップの原因に。



たまご……卵黄に含まれるコリンという栄養素には中性脂肪の量を調節する働きがあると言われています。


キャベツ……野菜なのでカロリーも低く、ビタミンやミネラルも豊富。


ダイエット中もたくさん食べたい野菜のひとつです。



小麦粉……良質のでんぷんがほとんどで、たんぱく質やビタミンミネラルも含みます。脂肪分の少ない素材です。


天かす……美味しさアップのために欠かせない素材ですが、大さじ1杯分で約30kcalほどあるので、入れすぎには注意。


お好みソース……カレースプーン1杯で約25kcal程度。こってりしているように感じますが、


実はノンオイルの調味料。甘さを調整した低カロリータイプのものも市販されています。


麺・マヨネーズ・チーズ・餅は実は残念ながら、これらはカロリーアップの元凶となってしまいます。


麺類は250kcal程度のアップ、お餅も130kcal程度のアップになります。


また、チーズが入るだけで70~100kcalのアップ、マヨネーズはカレースプーン1杯量で約100kcalあります。


味の点からは不可欠な「天かす」も、正体は揚げ物の衣。


前述の通り、たくさん入れるとカロリーアップするので注意したいところです。


カロリーの高いお好み焼きメニュー以下のメニューは一食あたり600kcalを超え、店舗によっては1000kcal超えもあります。


ダイエット中には控えたほうが良いメニューだと言えるでしょう。


△もちチーズ


△もち明太


△モダン(麺入り)


△広島焼き(麺入り)


△マヨネーズ増量のお好み焼き


△肉多めのお好み焼き


カロリー控えめのお好み焼きメニュー次のメニューは、比較的カロリーが控えめ。


ダイエット中はこちらを選びましょう。


○ベーシックなお好み焼き


○海鮮・魚介類系


○キムチ


○牛スジ


メニュー選びでは、シンプルなお好み焼き、魚介類を具にしたもの、をチョイスしましょう。


食べるときはソースはOKですがマヨネーズは控えめにするか、かけないでいただきましょう。


これを一枚分食べる程度であれば、500kcal未満であることも多いでしょう。


栄養バランスも比較的良いお好み焼きなので、ダイエット中も安心。


ちなみに、もんじゃ焼きもシンプルなものほどカロリーは低く、


粉の量が少ないのでお好み焼きよりもカロリーは控えめです。


ただし、ビールを飲みながらお好み焼き類を2枚食べて、


最後に焼きそば(1/2人前でも300kcal程度あります)で〆というのでは、1500kcalを軽くオーバーしてしまいます!


食べる量には気をつけましょう。


更には、お好み焼きとの食べ合わせとして枝豆、海藻類、ドレッシングのかかっていないサラダ、など


食物繊維を含む野菜を先に食べてから食べ始めると、


血糖値の上昇が緩やかになり少しでも体脂肪になるのを防げると言われています。







【初回限定!42%OFF!】【送料無料】お試しセット朝打ち自家製生麺!7種類のこだわり麺から選べ...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント