FC2ブログ

脂肪燃焼味噌汁ダイエット

私達日本人の伝統食でもある味噌汁ですが、ダイエットや美容に人一倍気を使っているマドンナやトム・クルーズなどのセレブも毎日飲んでいるとか。


ダイエット成功率の高い主な理由は、たっぷりの野菜に含まれる食物繊維が腸を刺激して便通を改善するから。


腸がキレイになることで血液もキレイになり、全身の細胞が活性化され代謝アップに役立ちます。


また、大きめにカットした野菜やこんにゃくを食べることで噛む回数が自然に増え満腹中枢を刺激、


食べ過ぎ&ドカ食いなどを抑制する効果も期待できます。さらに、体も温まるので代謝もアップ。


ちょい足し調理量として、味噌汁にショウガや七味を入れるのも簡単に体が温まりオススメです。


大豆が原料の味噌にはダイエット効果がたくさんあります。その成分と効果を以下で紹介します。


大豆は「畑の肉」と呼ばれており、たんぱく質が豊富です。たんぱく質は消化されるとアミノ酸になり、


いわゆる「燃焼系アミノ酸」といわれるロイシン、イソロイシンなどが豊富に含まれています。


脂質や糖質の燃焼を促進してくれるビタミンB1、B2、B6といったビタミンB群がたくさん含まれています。


ダイエット中には不足しがちなカルシウム、カリウム、マグネシウム、鉄分といったミネラル類が豊富に含まれています。


大豆サポニンは腸の働きを正常に戻すと同時に、脂肪の吸収を抑制してくれる効果があります。


レシチンは、脂肪を溶かして排出してくれる効果があり、動脈硬化や高血圧を予防するはたらきもあるといわれています。


女性ホルモンと似た働きをし、女性の美容や健康維持には欠かせない成分。骨粗鬆症の予防にも役立ちます。


ペプチドは腸内環境を整える効果があります。腸を刺激することによって交感神経の働きを高め、基礎代謝アップにも期待できます。


発酵させることで、栄養分の消化吸収もスムーズになり、大豆本来の効果をより発揮させることができます。


汁物は食事の最初に飲むことで、お腹を膨らませてくれる効果があります。


また、味噌汁はほとんど油を使わないので、ダイエットに適した料理なのです。


野菜は大きめにカットし、味噌汁をつくります。


材料(4人分)


だし汁2カップ


みそ大さじ3~4


大根 5cmほど


こんにゃく 適量


しめじ 100g


えのき 100g


なめこ 100g


ネギ 適量


以上の基本味噌汁をベースに、その日の気分によって、ほうれん草などの葉物野菜、ワカメ、メカブ、豆腐、高野豆腐などを食べる直前に加えてもよし。


具材を色々変えれば、毎日飲んでも飽きることはないでしょう。


また、豆乳、キムチ、納豆を加えると、いつもの味噌汁の味がガラリと変わるのでオススメ。


基本の味噌汁に飽きたら、味にアクセントを加えて楽しんでみましょう。


味噌汁には塩分が含まれていますが、血圧を抑えてくれるカリウムやマグネシウムも多く含まれているので、


1日3杯程度であれば、気にする必要はないでしょう。それよりも、塩分の多いラーメンやスナック菓子を見直すほうが賢明です。


赤味噌は発酵期間が長いことで、メラノイジンという成分が豊富です。


このメラノイジンは腸のぜん動運動を活発にしてくれるので、便通改善を期待したい人は、赤味噌で味噌汁を作ることをオススメします。


白味噌は発酵させる段階で、赤味噌の倍以上の麹を使います。


この麹にはギャバが多く含まれていて、空腹感を抑えてくれる作用があるといわれています。


よって、ダイエット効果を狙い早めに夕食を済ませることを考えれば、夕食には白味噌で味噌汁を作ることをオススメします。







【麦みそ500g】西国のお味噌だけあって黒豚・馬肉・さつま芋・かぼすなど九州地方の具材を使っ...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント