FC2ブログ

チョコレートダイエットに成功しやすいタイプ

2月14日はバレンタイン!


最近では、女性の友達とチョコを交換したり、自分へのご褒美チョコを奮発するという傾向もあるとか!?


次に当てはまるタイプは、チョコレートを活用してできるダイエットの方法が成功しやすいと言えそうです。


色々なものを間食していた人が、食間や食前の空腹時にチョコレートだけを食べることで、


普段のおやつよりも摂取カロリーを大幅に減らすことができ、ダイエットにつながるケースがあります。


また、普段から甘い物をよく食べていた人は「チョコレートダイエット」を無理なく実践することができるでしょう。


逆に、もともと間食をする習慣がなかったり、甘い物が好きではないのに無理矢理チョコレートを食べても、


余計なカロリーを摂取するだけですので太る危険性が大です! 


カカオポリフェノール効果の中にある基礎代謝を上げる作用が、中高年の女性に向いているといえます。


理由は、年を重ねるごとに基礎代謝量が減ること。


また同じ理由から、若い人でも冷え性や運動不足により代謝が落ちている人にも効果的といえます。


カカオには食物繊維が豊富に含まれているので、便秘しがちな人は老廃物が排出されることで、ダイエットにつながる可能性が高くなります。


ほろ苦いチョコレートを食べることがストレスになってしまってはダイエットも続かないので、


ダイエット中でも太らない普通の甘いチョコレートの食べ方をご紹介します。


ただし、”適当な食事制限&運動を実践しながら、普通の甘いチョコレートを食べても太らないコツ”であって、


”普通の甘いチョコレートを食べてダイエットが成功する!”ということではありません。


まず、適量を守ることが大事だということを絶対に忘れないでください! 


板チョコレートなら1日1/2枚。一口サイズのチョコレートなら、1日3~4粒程度を目安に食べましょう。


食べる際は、「チョコレートを食べているんだ!」という意識を持って、口の中で転がすようにゆっくり味わいながら食べるのがポイント。


糖分の入っていない温かい飲み物と一緒に食べると、より時間をかけて食べることができますよ!


一番NGなのは「ながら食べ」。テレビを見ながら、仕事をしながら、雑誌を読みながらetcチョコレートを食べていると、


いつの間にか全部食べきってしまうケースが多いので注意しましょう。


やはりチョコレートは高カロリーで糖分も含まれていますので適量を守り、効果的な食べ方でダイエットに役立てることが大事です!







世界最高峰の口どけチョコ「クーベルチュール」を贅沢に使用しました!チョコレートダイエットT...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント