FC2ブログ

ホットヨーグルトダイエット

ヨーグルトには


乳酸菌の働きで腸内の病原菌を撃退


免疫力を正常に保つ効果がある


動脈硬化の原因になる血中コレステロールを下げる作用がある


コレステロールや中性脂肪を減らすことでダイエットはもちろん、美容効果も期待できる


という、優れた食材として知られています。


『ホットヨーグルトダイエット』とは、ヨーグルトを温めて食べることで有効成分をより効率よく摂取できるのが特徴で、


それによりダイエット効果もアップするといわれています。


「なぜヨーグルトを温めるのか?」 その理由の1つは、温めることで有効成分(特にカルシウム)の吸収が促進されるため。


2つめの理由は、腸を冷やさずにすむので乳酸菌の活動が妨げられないからです。


冷蔵庫で冷やしたヨーグルトを食べた場合、内臓が冷やされて胃腸の機能が低下してしまうので、


せっかくの有効成分も吸収率が下がってしまうのだそう。


冷たい牛乳を飲むとお腹を下しやすい人でも、ホットヨーグルトならやさしいダイエット飲料になってくれそうです。


ヨーグルトに含まれるカルシウムには、脂肪を蓄えようとする副甲状腺ホルモンの分泌を抑える働きがあります。


しかし、現代人はカルシウムが不足しがちな食生活を送る人が多く、


特にダイエット中は偏った食生活からカルシウム不足になる傾向が多くみられます。


また、カルシウムが不足すると副甲状腺ホルモンが血液中に多く分泌され、


体に脂肪を蓄えようとして、脂肪を必要以上に吸収してしまうこともわかっています。


つまり、カルシウム不足は太る体質をつくってしまう大きな原因の一つと考えられるわけです。


さらに、ダイエット中に避けて通れない停滞期は、カルシウム不足やその他の栄養不足が起こることで、体が脂肪を蓄えようとしてしまうもの。


そこで、温めた「ホットヨーグルト」を摂り、ダイエットに役立つ有効成分カルシウムを効率よく吸収することで、


停滞期を起こりにくくする効果も期待できるというわけです。


朝食にホットヨーグルトのみを食べるだけです。


朝食以外の昼食と夕食は、好きなメニューを腹八分目までなら何でも食べてOKなので、ストレスを感じることも少ないでしょう。


ただし、間食とアルコールは控えることがポイントです。


ヨーグルトの種類は特に決まりはありませんが、ダイエットのことを考えると無糖ヨーグルトがオススメ。


特に、最近話題のLカゼイシロタ株配合のヨーグルトは強い耐性を持っていて、口から体内に入り胃酸や胆汁のある内臓を通過して、


便として排出されるまでずっと生きていることができるので、ダイエットや健康面においても最適です。


ただし、ヨーグルトだけに頼るのではなく、栄養バランスの良い食事や運動を取り入れることもダイエットには不可欠です。







発売から260万セット突破!【国内送料無料&5%OFF】フジッコ カスピ海ヨーグルト手づくり用種...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント