FC2ブログ

コーヒーダイエット

コーヒーの利尿効果はとっても健康に良いんです。


コーヒーは体内の水分の排出・摂取サイクルを活性化してくれて、体内の水分や老廃物が排出され、体内を綺麗にしてくれます。


デトックス効果ってやつですね!美人にも健康にもなれるってすごい。もしかしたら美肌効果もありなの?


また、コーヒーの味や香りが気分をリフレッシュさせて集中力の低下を防ぎ、作業効率UPへと繋がります。


イライラしがちなダイエットでも、気分がリラックス出来ると言うのは非常に助かりますね。


コーヒーダイエットに含まれるダイエット成分のカフェインは、脳の視床下部を刺激して交感神経の働きを活発にする効果があります。


コーヒーの成分カフェインって言うと一般的には眠気覚ましっていうイメージがありますよね。でも効果はそれだけじゃなかったんです。


カフェインは脂肪を消費するのに関わっている褐色脂肪細胞の働きも活性化するため、体脂肪の消費しやすい状態となるんです。


ある研究では、ブラックコーヒー3杯を飲んだ後に自転車こぎ運動をしたところ、


水を同量飲んだ場合と比べて、脂肪の燃焼度が2倍にも高まったとされています。


トリゴネリンとは、多くの植物に含まれるピリジン環を持つアルカロイドの一種で、1-メチルピリジン-1-イウム-3-カルボキシラートのことです。


オシロイバナの種子や根(有毒)に多く含まれるほか、コーヒーなどの農作物や一部魚介類にも含まれています。


痴呆の予防に効果があり、コレステロール減少効果も期待できます。 この効果がコーヒーダイエットの目的ですね。


クロロゲン酸とは、ポリフェノールの一種でコーヒー以外にはジャガイモの皮やゴボウ、ヤーコンなどに含まれている成分です。


私もテレビで紹介されていて始めて知りましたー。クロロゲン酸。。


発ガン抑制作用の他にも、脂肪燃焼を促進させる効果があります。女性には、これが効きます。


このクロロゲン酸は、ポリフェノールの特徴である抗酸化性を持っている他、


体内で発ガン物質ニトロソアミン(発がん物質)の生成をおさえ、


さらにニトロソ化合物の動きを不活性化する抗変異原作用があることが研究により分かっています。


コーヒーを多く飲んでいる人に肝臓ガンが少ないといった調査報告もあるそうですよ。


コーヒーダイエットでは、運動をする20~30分前にコーヒーを飲むと脂肪燃焼効果が高まると言われています。


そして15分程度の運動をします。無理のない運動がよいと思いますよ。例えばストレッチは最高ですね。


呼吸を止めないで、反動を使わずに、ゆっくりときついくらいのポーズで1分ほど止めるのです。


汗がじんわりとにじんできて、コーヒーのダイエット成分が脂肪を燃焼してくれますよ。


さらに、食欲が抑えられて食べすぎもなくなるかも。


コーヒーダイエットを行ってはいけない人もいらっしゃいます。


健康状態によっては、コーヒーに含まれるカフェインが身体に良くない場合があるんですね。気をつけてください。


以下の症状が当てはまる場合、症状が悪化する恐れがあるのでコーヒーを飲む際は注意が必要です。


場合によっては飲用を控えた方が良いでしょう。


● 消化器系疾患持ちな人


● 肝機能が著しく低下している場合


● パニック症候群の患者だと言う人


● カフェインの摂取に非常に敏感な体質の人


● 普段から不眠や不安に陥っている人


● 10歳児未満の方(そもそも、ダイエットは子供には健康上良くない)


● 流血気味な人 。


また、現在お薬を服用されている方はお医者さんにご相談の上実践してください。


コーヒーダイエットで注意すべき点は、ブラックで飲むことです。


コーヒー自体はほぼ0カロリーなのに、ミルク、砂糖で、脂肪、糖分を取り込んでいては元も子もないからです。


そしてブラックコーヒーが脂肪燃焼速度が速まるのです。


砂糖を入れるとカフェインとクロロゲン酸の吸収率が悪くなります。


● コーヒーはホットで


アイスコーヒーは胃腸を弱めて冷やします。ホットコーヒーで飲みましょう。


入れるお湯の温度は80~90度が目安です。お湯の温度が高すぎると熱に弱いクロロゲン酸の抽出量が減少してしまいます。


沸騰したらしばらく冷ましてからいれましょう。


● コーヒーを飲むタイミングは食前、運動前がよい


コーヒーダイエットを行う上で覚えておくと良いのが、


コーヒーは食前、運動前に飲むとより効果的で、食前の温かいコーヒーは満腹感が出てくるので食べすぎの予防にもなるということです。


また通勤、買い物、仕事での外回りの前に飲むと、体内の脂肪がより燃焼しやすくなるので、


朝食前、外出前、昼食前、会社から帰宅する前、夕食前と言うタイミングで1杯ずつ飲むような習慣をつければ


コーヒーダイエットの効果をより高められるのです。


● コーヒー豆は浅煎りで


クロロゲン酸は生のコーヒー豆に最も多く含まれ、焙煎することで減少していきます。


ですから深煎り(エスプレッソなど)より浅煎りのほうがカフェインとクロロゲン酸が多く含まれますので、


浅煎りでコーヒーを作りましょう。


またコーヒー豆の種類でハワイコナとマンデリンは香りにも脂肪燃焼効果があるらしいです。







希少性が高いハワイコナを入荷。期間限定の販売となります。ハワイコナ エクストラ ファンシ...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント