FC2ブログ

おでんダイエット

おでんダイエットの方法は、朝昼晩のうち、一食をおでんにすればいいだけです。


おでんは意外と低カロリー。なのに具がいろんな種類あるので飽きにくく、お汁が沢山なので満腹感も得られます。


おでんは水分量が多いです。そのおかげでごはんなどの主食を食べなくてもお腹が膨れます。


また大根やこんにゃく、白滝などは食物繊維も多いので、より満腹感が得られますし、ついでに便秘解消の効果もあります。


ただカロリーが低いっていうだけでなく、お腹も満たしてくれるのがおでんダイエットのいいところです。


ダイエットの強い味方となってくれるおでんにも、弱点はあります。おでんは塩分が多いです。


塩分のとりすぎはむくみの原因にもなるので、おでんを食べる時は塩分をできる範囲で抑える工夫が必要です。


さつま揚げなどの練り物系は味がしみこむので、塩分が高い傾向があります。1食のうちで練り物系は2個までにするなどして、塩分を抑えましょう。


がんもどきは1枚110gで256kcalもあります。一番の要注意です。生揚げは1丁200gで304kcalですから高い方です。


焼き豆腐にしましょう。176kcalですみます。


はんぺんは1枚120gで120kcalなので安心です。さつま揚げは1枚70gで105kcalこのレシピで使ったごぼう天や串天もそれくらいです。


練り物を1個口にする度に100kcalアップすると覚えておくと食べ過ぎにセーブをかけやすいですよ。


同じく大根も、汁を吸えば吸うほど塩分が高くなってしまいます。味がしみてるほどおいしいといいますが、


ダイエット中ならある程度薄味のものを食べて、素材そのものの味を楽しむようにするといいでしょう。


おでんの汁ってあったまるし、すごくおいしいけど、塩分のことを考えるならあんまり飲まないほうがいいです。


具を食べるだけでも、しみこんだ汁でお腹は膨れます。


おでんだけで1回の食事を済ませると、野菜が足りないので、別のおかずで野菜もいっしょに食べるようにすると、


栄養バランスも良くなって、さらなるダイエット効果が期待できます。


食事制限と運動。あくまでこれがダイエットの鉄則です。


そして、上手に食事制限をするために、いろんな食品を取り入れていくわけですが、


その中のひとつとしておでんを取り入れてみてはどうですか?







【お歳暮】の贈り物に最適!静岡の味をご家庭にお届けいたします。静岡名店のおでん『八千代』5...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント