FC2ブログ

ガルシニア茶ダイエット

ガルシニア茶とはインドなどの南アジアに自生するオトギリソウ科の果樹で、別名をタマリンドといいます。


ガルシニア茶はカレーの香辛料や民間薬として利用されてきました。


抗肥満効果についての研究が進められ、その有効成分とその仕組みが明らかにされ、ダイエット食品としても注目されています。


脂肪の合成を阻害する炭水化物や糖質は、体の中で分解されブドウ糖となり、代謝されながらエネルギーとなりますが、


摂取量が消費量よりも多いと、余ったブドウ糖は体脂肪へと変わってしまいます。つまり肥満です。


ガルシニアに含まれるヒドロキシクエン酸は、有機酸であるクエン酸に非常によく似た物質で、


脂肪合成に係わる酵素(ATPクエン酸リアーゼ)の働きを阻害するため、脂肪の合成が抑えられ、体脂肪の蓄積を減少します。


つまり、吸収された糖質が余分な脂肪になって蓄積されるのを抑制するのです。


また、脂肪にならずに残ったクエン酸は、エネルギー源としてすぐに利用可能なグリコーゲンとして蓄えられます。


つまり、ダイエット効果だけでなく、脂肪の燃焼による運動持久力増加、リバウンド対策に必要な基礎代謝の活性化効果も期待できるのです。


さらに南アジアにおいてガルシニアをスパイスとして使った料理は、


不思議なことに食べた人に満腹感を与える、という他のスパイスには見られない特徴があります。


食欲がどうしても抑えられないというときにも、ガル二シア茶を飲むと、過食を抑えられます。


また体重の減量効果、消化を助ける、殺菌効果などスパイス特有の効果があることでも知られています。


ガルシニアの果実に含まれる成分「クエンブドウ糖」に、脂肪の吸収を抑制する働きがあり、また満腹感が持続するため食べ過ぎを防ぐ効果も期待できます。


その結果、飲み続けると自然に食事量が減り、リバウンドも起こりにくくなるそう。


食事食後 30分前後に飲むことで、ダイエット効果を発揮するといわれています。


飲み方のポイントは、すっぱいので、多少なら、ハチミツを入れるなど、飲みやすくしてもよいでしょう。


無理な食事制限を伴わず、手軽に簡単に、しかもおいしく続けられるので、ダイエットにありがちなストレスがなく、楽にダイエットを継続できます。







食前に飲むことをおすすめガルシニア減量茶 4gx48包 共栄 10P21dec10
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント