FC2ブログ

ダイエット的お酒の飲み方

一般的にはお酒=太ると言うイメージが大きいと思いますが、ダイエット中でも工夫することでお酒を楽しむことができます。


ビールや焼酎などに含まれるアルコール自体のエネルギーは体にためることができないので、飲むとすぐに消費されはじめます。


お酒を飲むと体が熱くなるのはそのためです。


醸造酒やカクテルなどには糖質が含まれているので、その糖質は体に蓄えることができるエネルギーになります。


飲み過ぎてカロリーオーバーになれば糖質のカロリーは体に蓄えられてしまいます。


ビールや日本酒の糖質はそれほど多くないのですが、甘いカクテル類には糖質が多く含まれているので、


カクテルだけを飲んでいても飲み過ぎると太る原因になります。


ウイスキーや焼酎などの蒸留酒は製造方法の違いから、アルコール以外のカロリーは含まれていないので、


蒸留酒だけを飲んでいれば太ることは無いのです。


お酒=太ると思われてしまう原因は一緒に食べるおつまみのカロリーが高いからです。


アルコールのエネルギーは優先的に消費されるので、アルコールと食事で摂取した少しの糖質だけでエネルギーが足りてしまえば、


残りの摂取カロリーはは体脂肪になってしまうのです。


カロリーを取り過ぎないためには、お酒で摂取したカロリーの分だけ、食事を減らす必要があります。


減らすには燃えやすい糖質やタンパク質より、燃えにくい脂質を減らすようにしましょう。


アルコールは脂肪の合成を進める酵素を発生させ、肝臓で脂肪の合成を活発にさせる働きや、


脂肪の燃焼を妨げてしまう働きがあると言われています。


ですから、いつも以上にカロリーや食事の内容に気を付ける必要があります。


やはり、お酒を飲んで食べ過ぎてしまうタイプの人は、ダイエット中できるだけ控えた方が、スームーズにダイエットできるのかもしれません。


ですが、お酒好きがお酒を我慢する程ストレスになることはありません。


お酒を我慢したくない場合は、おつまみを食べ過ぎてしまわないように注意が必要です。


お酒を飲んだ後にラーメンやお茶づけが食べたくなりますが、食べると確実に体脂肪になります。


お酒の後は水分をしっかり取って何も食べずに眠りましょう。


おつまみを食べた場合は、できれば2時間後に眠りましょう。


お酒の後のラーメンやお茶づけはダイエット中だけでなく、普段から止めるようにしましょう。


また、飲み過ぎて酔っぱらってしまうと、気が大きくなり食べ過ぎることもあるので、お酒の量も気を付けた方がよいでしょう。


お酒にはリラックス効果があり、上手に飲む事ができればストレス解消になりますが、


いつもお酒を飲むと食べ過ぎて後悔をしてしまう人は、ダイエット中は少し控えた方がいいかもしれません。







フルーティな風味でお子さまによろこばれます。【送料無料】『HERB CORDIAL ハーブコーディアル...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント