FC2ブログ

ダイエット中の夕食

理想的な食事の比率は朝3:昼3:夕食1または2くらいで、夕食はあっさり和食で軽めにしましょう。


栄養バランスを考えて、朝食や夕食で取れなかった栄養素を摂取し、低カロリーに抑えましょう。


おすすめ夕食のおかずは、野菜たっぷりの汁物、体をあたためる食材、魚類です。


野菜たっぷりの汁物の野菜は、食物繊維で血糖値の急上昇を防ぎ、消化がゆっくりなので腹もちがよくなります。


水分でお腹が膨れるので低カロリーに抑えることもできます。


野菜にはダイエットに欠かせないビタミンやミネラルが豊富に含まれているので、積極的に摂取しましょう。


体をあたためる食材の必要性は、夜体が冷えていると寝付きが悪くなるので、


体を温めるショウガやニンジンかぼちゃなどを取り入れましょう。


食べ方は煮物や蒸し物などでなるべく油を使わない調理法で、味付けも薄味にしましょう。


魚類はタンパク質やビタミンなど栄養が豊富なうえに、


魚類に含まれるEPAやDHAは中性脂肪やコレステロールを減少させる効果があるのでおすすめです。


フライではなく、焼き魚にしましょう。


この季節、野菜をたくさん食べられる鍋もおすすめです。


野菜に火を通すことで量が減りたっぷり食べられ、


魚を使ったり脂肪分の少ないお肉を使えば、低カロリーになります。


熱いのでゆっくり食べることもでき、食べ過ぎを防ぐことができます。


バリエーションも豊富ですし、自分の好きな味で色々楽しめると思います。


おいしくて食べ過ぎ胃を大きくしないように、必要以上作らないようにしましょう。


すき焼きや脂身の多いしゃぶしゃぶはたんぱく質が多く取れるのですが、


高カロリーになりがちなので、なるべく油の少ない肉に変えたり、野菜を多めにしたり工夫をして食べましょう。


キムチ鍋などは唐辛子でカプサイシンがとれるのでおすすめです。


お酒を飲む方はおつまみを噛んで食べる物にすると食べ過ぎを防止できます。


麺類やどんぶり物はあまり噛まず、つい早食いになってしまう傾向があるので、なるべく噛む食材を取り入れるようにしましょう。


食べる時間が遅い場合は特に低脂肪高たんぱく低カロリーを心がけ、就寝2時間前までには食べましょう。







京都で手作り50年のキムチ屋、ほし山が本格キムチ鍋セット作りました。秘伝のレシピ付きなので...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント