FC2ブログ

ダイエット中の間食

ダイエットをする前に間食していた人が急に間食を止めてしまうと、強いストレスとなります。


間食は甘い物を食べたり飲んだりするので、おいしいですしストレスの解消や癒しもなります。


ですから、今まで食べていた量を急に減らすとかなりのストレスになります。まずは、量を減らすのではなくカロリーを減らす努力をしましょう。


食欲は無視すればするほど、後から抑えきれないほどの強い食欲がわきます。


その為、間食を止めて食欲を無視し続けると、ほとんどの場合ドカ食いしてしまいダイエットが失敗に終わってしまうのです。


ですが、食欲のままに好きなものばかり食べていては、痩せるどころか太ってしまいます。


そうならないために、間食を少しずつ減らしたり内容を見直す必要があります。


空腹を感じるのは血液中にある血糖が少なくなった時で、脳が食べるように指示をだします。


それが食欲です。血糖を増やしてあげれば空腹感がなくなるので、


甘い飴を食べたり砂糖の入ったコーヒーや紅茶を飲めば空腹を紛らわすことができます。


一度にたくさん摂取するのではなく、少量ずつ取るようにしましょう。


そうすることで、血糖値の急激を防ぐことができ体脂肪になることが防げます。


間食抜きたいときや、お腹が空いているのに食べられないときにおすすめです。


間食は食事と食事の間に取るので、できるだけ次の食事まで空腹感を感じなくてすむように、低カロリーで腹持ちのいい食べ物がおすすめです。


食物繊維を多く含も物は腹持ちがよく低カロリーな物が多いのでぜひ間食に取り入れてみましょう。


洋菓子は砂糖とバターやクリームを一緒に使っているものが多いうえに、カロリーが高い物が多いので太りやすいです。


洋菓子に比べ和菓子は油分をつかっていないお菓子が多く、


カロリーも比較的低カロリーな物が多いので、ダイエットするなら洋菓子よりも和菓子を選びましょう。


果物は、ダイエットに欠かせないビタミン類が豊富で、とくにお肌の調子を整えるビタミンCを含んだものがたくさんあります。


果物にも含まれている果糖は太ると言われていますが、果物に含まれる量であればほとんど問題なく、果物には食物繊維も含まれているので、


血糖値の急激な上昇を抑えることができます。果物は甘いのでホッとでき、癒しにもなりストレスも解消できます。


また、果物の糖分は脳のエネルギーにもなるので、お腹が空いて集中力が低下しているときにもおすすめです。


果糖はとり過ぎると体脂肪になるので食べすぎには注意しましょう。


お茶や水もたっぷり取るようにしましょう。







【送料無料】梅花亭和菓子お試しセット
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント