FC2ブログ

ダイエット中の昼食

エネルギーになりやすい炭水化物を中心に脂質は少なめに、タンパク質やビタミン、ミネラル類をバランスよく摂取しましょう。


お昼を外食にしている人は、お弁当にかえるとカロリーコントロールや栄養バランスの管理をしやすいのでおすすめです。


お弁当では外食で不足しがちな野菜をたっぷり取れたり、自分にあった量に調節できるので、もったいないからと余分に食べることも無くなります。


作るくのが苦手だったり面倒と思う人は、休日などにたくさん下ごしらえして冷凍にしておく方法がおすすめです。


これなら解凍するだけでいいので、すばやくできます。


おすすめお弁当のおかずとしては


温野菜サラダ


根菜類の野菜を蒸すまたはレンジで加熱するだけでできるので簡単で、栄養や食物繊維も豊富なのでおすすめです。


ドレッシングはなるべくノンカロリーのものにしましょう。


煮豆


日持ちもいいのでたくさん作っておくと便利です。栄養があり高たんぱくで食物繊維も豊富です。


大豆のイソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをする成分で、


骨粗しょう症や美容、バストアップなどにも効果があるといわれていますので、 女性の体にはうれしいおかずです。


おからの料理も食物繊維が豊富で腹持ちがいいのでおすすめです。


脂肪分の少ない肉や魚


特に鶏肉のささみは肉類の中でも低カロリーで、高たんぱくです。調理もしやすく調理法もたくさんありお弁当に向いていると思います。


値段も比較的安いのがさらにいいところです。


魚類はタンパク質やビタミンなど栄養が豊富なうえに、魚類に含まれるEPAやDHAは中性脂肪やコレステロールを減少させる効果があるのでおすすめです。


フライではなく、焼き魚にしましょう。



卵には必須アミノ酸がバランスよく含まれており、ビタミン類やミネラル類も豊富で完全栄養食といえます。


卵には中性脂肪のバランスを保つコリンや脳の活性や生活習慣病に役立つレシチンなど体にいい栄養がたくさん含まれています。


上手に活用しましょう。


お弁当の量が少ないとすぐお腹がすいてしまって、ついつい間食をしてしまったりするので、ある程度腹持ちのいい献立にしましょう。


お弁当に入れるご飯は精米よりも玄米や雑穀米の方が消化に時間がかかるので腹もちがよく、


血糖値の急激な増減がないのでダイエット中には最適です。


さらに、精米よりも食物繊維やビタミン、ミネラル類が豊富なのでおすすめです。







レンジで簡単ラクラク調理!★レンジDE COOKマスター(MCZ-5128)★温野菜サラダに、料理の下ごし...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント