FC2ブログ

ゴマダイエット

ゴマダイエットとは、抗酸化物質が豊富なすりゴマを毎日の食生活に摂り入れることにより、


血液をサラサラ状態にして老化を防ぎ、食物繊維が便秘を解消するというダイエット法です。


一粒がとても小さなゴマですが、その中にはぎっしりと栄養がつまっています。


胡麻の栄養のうち、約50%は脂質です。


これに含まれるリノール酸やオレイン酸には、血液中のコレステロール値を下げるという働きがあります。


そしてセサミンも、同じような働きを持っています。


また脂肪が腸内を滑りやすくする作用もあるので、便通を改善させる効果があるというわけです。


ゴマには、リグナン類のセサミンのほか、セサミノール、セサモールとよばれる栄養素なども含まれています。


これらはすぐれた抗酸化作用を持っているため、動脈硬化を防ぐ効果も期待できます。


またセサミンは、アルコールの分解を促進する働きもあります。


ゴマは高タンパク高脂肪の食品で、ビタミンやミネラルも豊富なので、このことから胡麻は、若白髪を防止する効果もあると言われます。


ほかにも鉄やカルシウム、そして食物繊維が豊富で、がんに対する抑制作用も期待されています。


肝臓において発生するのが活性酸素で、これが体の細胞をさびさせ、老化を促進させているのですが、


これに対して強い抗酸化作用を及ぼしていくのが、ゴマに含まれる「ゴマリグナン」という物質です。


ゴマリグナンは、脂肪の分解をしたり、処理をしたり、脂質を代謝する際にとても大きく関わっていてます。


またゴマは、血管の弾力性を向上させる作用や、血液の流れを改善して、高血圧を予防する作用も持っていることが研究によりわかっています。


また、コレステロールが上昇するのを抑えたり、二日酔いを防止する働きなど、多くの効果や効用を持っていることもわかっています。


ほかにも、ゴマには肌を美しくする効果や、代謝の活性化を促進していく効果があることもわかってきました。


ゴマの成分の一つであるセサミンは、血中の中性脂肪などを減らす効果があることがわかってきました。


セサミンは肝臓に作用し、中性脂肪など脂質のもとになる脂肪酸の合成を抑えるとともに、同時に分解をも促進する効果があるそうです。


血液中の脂質濃度は、肝臓にある脂肪酸代謝システムの働きが大きく影響しており、血中の脂質が増えると脳血管障害や心臓疾患などを引き起こします。


ですから、胡麻を摂取することにより、肥満や生活習慣病の予防・改善が期待されるというわけです。


セサミンを混ぜた飼料をラットに与え、肝臓の働きを調べたところ、


そのエサを食べたラットは、脂肪酸の合成をつかさどる酵素の働きが通常の4~6割程度に低下しました。


そして、肝細胞内で脂肪酸を分解する働きが強まることもわかりました。


これらの結果により、「血液中での脂質が減る作用がありそうだ」ということがわかってきたわけです。


またセサミンは、ペルオキシソームを活性化し、脂質の代謝を高めることもわかっています。


ゴマにはビタミンB1の吸収を高めるミネラルも豊富に含まれているのです。


また、ゴマに含まれているゴマリグナンには、肝臓でのファットの分解を促進し、体脂肪を燃焼しやすくする働きもあります。


1日10g(大さじ1ぐらい)が目安です。フライパンで炒った後すり鉢などで少しごまの形が残るぐらいまですってから食べます。


ゴマ和えはもちろんのこと、ふりかけとしてご飯にかけたり、チャーハンやスープ、サラダにかけたりといろんな料理にかけて食べましょう。


ゴマダイエットのゴマは練りゴマやサプリも販売されているので、炒ってするのがめんどうな人はそれらをうまく利用しましょう。







九鬼いりごま(黒) 1Kg
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント