FC2ブログ

もろみ酢ダイエット

もろみ酢とは、沖縄の特産品である「泡盛」や焼酎のもろみからできた天然醸造酢です。


原料に麹菌を加え、さらに酵母で発酵させてからアルコール分を取り除いてできる「もろみ酢」には、


その過程で生成されるクエン酸やアミノ酸を豊富に含んでいます。


一般の食酢は、酸味の主成分が酢酸なのに対し、


もろみ酢は、クエン酸が主成分なので、刺激が少ない、さわやかな飲みやすい酸味が特徴です。


お酢を摂るとクエン酸回路の働きがアップして脂肪と糖の燃焼を促進されダイエット効果があります。


クエン酸回路とは、体内で食物中の糖質が消化吸収されてエネルギーに変わるときの反応のことです。


クエン酸を起点に一巡する代謝経路で、エネルギーを生むアデノシン3リン酸(ATP)という物質をつくりながら、


最終的に炭酸ガスと水になります。


このサイクルは、糖質だけでなく、脂質やたんぱく質の代謝にも関係しているといわれています。


『クエン酸回路』がうまく働かないと、疲労物質である乳酸が身体の筋肉などに蓄積してしまい、


新陳代謝が阻害され肥満の原因になったり、身体がだるくなったり、肩こりがするなどの疲労感があらわれます。


クエン酸などの有機酸は、『クエン酸回路』を活性化して、新陳代謝を上げ、


蓄積された血中コレステロールや脂肪を分解し排出するなどダイエットに役立ち、


さらに乳酸を分解し、疲れづらい身体づくりに役立ちます。


また、もろみ酢に含まれるアミノ酸は、身体の筋肉や臓器を構成する成分で、


神経伝達物質やホルモンなどの材料にもなります。


アミノ酸にもダイエットを促進する働き、脂肪燃焼効果などがあります。


人の体内には、リパーゼという脂肪燃焼酵素があり、これは脂肪を分解し血中に放出することで、


溜まっている内臓脂肪や皮下脂肪を減少させる働きを持っています。


そのリパーゼの働きを活発にするのが、もろみ酢に含まれるアミノ酸なのです。


お酢の相乗効果は、お酢を飲むと血流量が増え、体温が上昇します。


お酢特有の強烈な酸味や香りが、脳に強い刺激を与え、交感神経が優位な状態となります。


全身の血管が一時的に縮小しますが、しばらくすると元にもどります、


しかしこの時、収縮まえよりも血管が拡張し血流量が増えるのです。


お酢を飲むと、体内の酸性度とアルカリ度のバランスを保とうとするため腎臓が排尿をうながし、むくみが解消します


お酢を飲むとわずか2時間で血液のさらさら度が大幅にアップします。


お酢に含まれる酢酸がドロドロ血液の原因の血小板擬集を抑制します。


血液がさらさらになると血流がよくなり、肩こり、目の疲れなどが改善されます。


1日に必要なお酢の摂取量は30mlです。


大さじ約2杯分の量になります。これを食物で摂ろうとすると、


・酢の物・・・10人前


・酢豚・・・4人前


・寿司・・・2人前


1日の摂取量を食物で摂ろうとすると量が多すぎます。


これでは余計なカロリーを摂取してしまい、ダイエットには逆効果です。


そこでお酢は簡単に摂取する方法は 「飲む」 のが1番です。


飲めば簡単に摂取することができます。またお酢だけで飲むと、食物繊維などに吸収が妨げられることもなく、


素早く吸収されダイエット効果も期待できます。







【琉球麹もろみ酢】★税込2480円以上で送料無料★【全員P5倍】琉球麹もろみ酢(900mL)※要エント...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント