FC2ブログ

香酢ダイエット

香酢はダイエットに効果があるといわれています。


香酢とは、もち米から作られるお酢の呼称で、普通のお酢と比べると、


その名前の通り香り高く、まろやかな酸味を持っています。


加熱料理しても香りが失せることはなく、そのまま料理にかけるほか調味料としても幅広く利用されています。


香酢の歴史は古く、中国の清朝道光20年(1840年)のときを経て、 現在に受け継がれています。


今日では中国政府国宴指定の専用名酢であり、科学的な合成酢とは違い、100%天然の穀物を使用しています。


香酢は、化学肥料は一切使用せず、専用のカメの中で時間をかけて発酵させます。


水で抽出し、半年がかりで風味豊かな美味しい香酢ができます。


香酢に含まれているアミノ酸は、日本産の黒酢よりバランス良く多く配合されています。


体にやさしいダイエット食品として注目を浴びています。


香酢が、アミノ酸を豊富に含んでいる事から言われていることです。


例えば、アルギニン・リジン・グルタミンがあります。


これらは、脳下垂体の成長ホルモンを刺激して、脂肪細胞に含まれている体脂肪を分解し血液中に遊離脂肪酸として放出するのを促します。


こうして、放出された脂肪酸は肝臓や筋肉で燃焼されエネルギーとなるわけです。


ヒスチジンというアミノ酸があります。コーヒーなどに含まれるカフェインや唐辛子に含まれるカプサイシンは、


交感神経を刺激して活発化することで全身を活性化してエネルギーを多く作り出そうとすることで


ダイエットに効果があるといわれています。ヒスチジンも同様な働きに大きく関与しているんです。


ヒスチジンから作られるヒスタミンが交感神経を活性化してエネルギーを作り出す作用を促すことで


ダイエットに効果があるんです。そして、香酢には、ヒスチジンが米酢の約15倍含まれているんです。


さらに、ヒスチジンは、体脂肪が使われやすいように血液中に体脂肪を放出します。


その脂肪分を細胞の燃焼する場所まで運ぶのがカルニチンです。


カルニチンは、香酢に含まれるアミノ酸のチチオニンとリジンから作られます。


カルニチンで運ばれた脂肪分はさらに小さな物質になりクエン酸サイクルに取り込まれます。


そして、香酢に含まれる、アラニン・アスパラギン酸は、


クエン酸サイクルの大切な構成物であるオキサロ酢酸へと変換されることで、


クエン酸サイクルが円滑に行われるのを助けます。


香酢はアミノ酸を豊富に含むことで体内の脂肪を燃焼させることに効果的と考えられるんです。


ですから、ダイエットに効果を発揮するんではないかといえるわけです


香酢の摂りかたは、そのまま飲んで頂いてもいいのですが、酸味が気になる、手軽に持ち運びしたい方には、


サプリメントなどで摂ることをおすすめします。


香酢ダイエットは、体を動かさなくてもダイエット効果はありますが、


有酸素運動は、香酢に含まれるアミノ酸の機能をさらに高め、


筋力がアップするので、効率よくすらりとしたスリムなボディーを目指すのに最適です。


また、リバウンドを防ぐ意味でも有酸素運動を取り入れましょう。







グルタミン酸が 一般的黒酢の5倍!アミノ酸豊富ファイン香酢
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント