FC2ブログ

ギムネマ茶ダイエット

ギムネマ茶ダイエットは、食事中、もしくは食後にギムネマ茶を飲むダイエット方法です。


ギムネマ・シルベスタの葉を乾燥し、番茶のように飲むのがギムネマ茶です。


ギムネマは、インド南部を中心に東南アジア、中国南部など熱帯・亜熱帯の広い地域に自生する


ギムネマ・シルベスタというガガイモ科のツル性植物です。


ギムネマの葉を噛んだ後は、しばらく甘味を感じなくなります。


古代インドの人々は、ギムネマが砂糖を壊すと考えていました。


インドでは糖尿病患者が多く、糖尿病の民間薬として、ギムネマが長い間飲まれてきました。


炭水化物は、酵素により分解されブドウ糖になります。ブドウ糖は、小腸に送られ吸収されます。


ギムネマ茶には、小腸でのブドウ糖吸収率を抑制する働きがあると言われています。


ブドウ糖の吸収率が下がれば、血糖値の上昇が抑えられ、インシュリンの分泌も抑制されます。


インシュリンの分泌が抑制されれば、脂肪が蓄積されにくくなります。


なお小腸で吸収されなかったブドウ糖は、大腸に送られ、善玉菌の栄養源となり腸内環境を整えます。


腸の調子を整え、便通を良くするというダイエット効果もあるのです。


食後にギムネマ茶を飲むのがおすすめです。


食事で血糖値が上がるのを防ぐために飲むわけですから、当然食事と一緒に飲んだほうがよいでしょう。


空腹時に飲んでも本来の力が発揮されません。食後30分以内が目安です。


血糖値が上がり始めるのは糖質をとってから30分近くかかりますから、


理論的には、その間に飲んでしまえば、ダイエット効果があらわれるということになります。


ただし、食前にギムネマ茶を飲むと、人間本来の甘さを感じる性質が弱り、食べ物を美味しく感じなくなることがあるので、


食後に飲んだほうがよいと言われています。







【お徳用100袋で送料無料】ギムネマ茶2g×100袋ティーバッグ≪ぎむねま茶100%≫ギムネマシルベ...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント