FC2ブログ

こんにゃくダイエット

「こんにゃくダイエット」とは文字通り「こんにゃく」を使ったダイエット方法のこと。


ローカロリーな「こんにゃく」がダイエットによいのはもちろんのこと、


主成分である「グルコマンナン」が食べ物から摂取された脂肪やコレステロールの吸収を抑制。


さらに「グルコマンナン」という水溶性の食物繊維がお腹の中で膨らみ食欲を抑えると同時に、


食物繊維のおかげで便秘も解消できるのが痩せる理由となります。


「グルコマンナン」と呼ばれる栄養成分には、体内の老廃物などを取り込んで排泄する働きがあるため、


整腸効果&便秘解消といった効果があります。腸が活性化することで代謝もよくなり、痩せ体質に導きます。


こんにゃくは昔から「おなかの砂おろし」や「胃のほうき」などといわれてきました。


これは、食物繊維の豊富なこんにゃくを食べることで体に不必要なものを掃除する、という意味です。


こんにゃくに含まれる食物繊維・こんにゃくマンナンも、万が一有害な物質が体内に入っても腸への停滞時間を短くすることができるので、


体へのダメージは少なくなります。食物繊維の中でもセルロースやこんにゃくマンナンには一部有害物質の生成やそれを排除する効果が高いと期待されています。


さらに、こんにゃくマンナンのような食物繊維は、腸内細菌叢を改善することによって大腸がんや大腸ポリープなどの大腸疾患のリスクを軽減させることが知られています。


大腸には、100種類、100兆個もの細菌が生息し、これらを腸内細菌叢と呼んでいますが、


このなかには乳酸菌のような善玉菌だけでなく、悪玉菌もたくさんいます。


食物繊維の多い食事は、それが善玉菌のよいエサになってその発育を促し、結果的には悪玉菌の発育を抑えるのです。


このことが、排便促進作用とあいまって、大腸疾患を予防します。


こんにゃくに含まれる「カルシウム」は特に消化されやすく、体内に吸収されやすいのが特徴。


カルシウム不足は脂肪を溜め込みやすくするといわれているので、ダイエット時には、カルシウムを摂ることも大切。


こんにゃくに含まれる「セラミド」は保水機能が高いため美肌促進にも期待ができます。


角質層は、角質細胞が幾層にも重なってできており、肌の水分が外へ逃げないように防いでくれたり、


外部からの刺激や細菌の進入などを防ぐ役割をしています。


その一つ一つを接着しているのが細胞間脂質であり、セラミドは細胞間脂質の主成分(約40~60%以上)を担っています。


セラミドが不足すると、細胞間の水分を保てなくなり、張りを失い、シミ・シワが出来やすく、乾燥肌になってしまうのです。


セラミドの量を増やすには、皮膚の新陳代謝を活発化させ、セラミドの生成を促すような物質を取ることが大切です。


こんにゃくは、やわらか過ぎず、かた過ぎず、弾力性と歯ごたえがあり、シコシコとした食感をもち、味しみがよいものがよいとされています。


こういうこんにゃくが、噛めば噛むほどおいしく、ゆっくりと食べるのに好都合なのです。


よく噛んで食べると、脳の視床下部にある「満腹中枢」が刺激されて、腹八分目の食事で満腹感が得られます。


日本では、「腹八分目で病なし」というのがこれにあたります。


また、アメリカではフレッチャー式食事法という人間は元来食べ過ぎの本能があり、


食べ過ぎはよくないとして、なんでも百回噛んで食べようという運動があります。


これには、こんにゃくがもっとも適しています。「こん」のつく食べ物を毎食「煮しめ」として食べましょう。


便秘の解消はもとより、肥満予防にも最適なのです。肥満がいろいろな生活習慣病のリスクファクターであることはいうまでもないでしょう


また、何よりこんにゃくは、板こんにゃく1枚で5kcalとローカロリーな食材のためダイエットの強い味方になってくれるのです。


ローカロリーなうえ安く、どこでも手軽に手に入る「こんにゃく」ですが、味にあまりインパクトがないため、食べ続けるとなると結構飽きてしまうもの……。


しかし、工夫次第では毎日のメニューとして色々アレンジしやすく、食事制限しながらダイエットの助けになってくれます。


腹持ちがよく食物繊維豊富な「こんにゃく」を上手に活用し、ダイエットに役立てたいものですね!







大幅値下げ!どこよりもお買い得!こんにゃくダイエットセット20袋入り(5種類×4)
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント