FC2ブログ

ジンギスカンダイエット

羊肉には、注目のダイエット効果があります。


それは、脂肪を燃焼させる効果のある「カルニチン(L-カルニチン)」が多く含まれていること。


カルニチンとは、つい最近まで医薬品として使われていた食品で、体内に含まれるアミノ酸の一種です。


カルニチンは細胞内にあるミトコンドリアに脂肪を送り込み、脂肪を燃焼させるためには欠かせない成分です。


カルニチン自体は、肝臓や腎臓でも作ることができ、


食品では、羊肉やカツオ、マグロなどに比較的多く含まれている成分です。


カルニチンが不足すると、ミトコンドリアに脂肪を送り込むことができないため、


脂肪が燃焼されず、体内に溜まっていく一方になってしまいます。


そんな理由で、カルニチンを多く含む羊肉は、ダイエット効果があると注目されているわけです。


さらに羊肉は他の肉と比べ、コレステロールが少なく低脂肪という特徴もあります。


体内のコレステロールを減らす不飽和脂肪酸が他の肉に比べて多く含まれている上に、


羊肉の脂の融点は他の肉に比べて高いため、体温では脂肪が溶けずに消化されにくいという利点もあります。


羊肉にはタンパク質やビタミンB2、鉄分が豊富に含まれていて、


その他ビタミンAやB1、ナイアシン、必須アミノ酸なども含まれています。


豚肉と成分は似ているのですが、脂肪が少なめで消化によいので、胃腸が弱い人にも食べやすい肉です。


また、中国では血を作る機能を高める作用やカラダを温める効果があることから、


冷え性や貧血、生理不順などの女性特有の病気に効果があると言われています。


それだけでも女性にはありがたい肉です。


このような理由から、羊肉は、ヘルシーな肉として注目を集めているわけです。


羊肉は脂もいっしょに摂取してしまいますから、量を食べ過ぎてしまっても、脂肪分を過剰にダイエットにはなりません。


羊肉ばかりを食べるのではなく、ジンギスカンで野菜もたっぷりとるようにしましょう。


また、カルニチンは水溶性の成分のため、「水に溶けやすく、熱に弱い」という特徴があります。


調理過程でだんだんとカルニチンが減少していってしまうので、


カルニチンのことを考えれば、なべに置いて両面をサッと焼いたら食べるのがベター。


最近は「ラム刺し」など、羊を生で食べられるメニューも出てきています。


これならラードを使うこともなく、カルニチンの減少もないので、お店にあればぜひ注文してみてください







【送料無料!お試し特価】ジンギスカン・ラム肉セット(4種類 計900g)【お一人様一セット限定...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント