FC2ブログ

カプサイシンダイエット

「カプサイシンダイエット」とは,唐辛子のカプサイシン効果で食べた脂肪を分解させるダイエット法です。


トウガラシに含まれるカプサイシンは辛味の成分で、 中枢神経を刺激して副腎からのアドレナリンを始めとするホルモンの分泌を促進する働きがあります。


これによって熱エネルギー代謝が盛んになり、体内の褐色脂肪細胞の分解を促進すると言われています。


血糖値の上昇を抑えて脂肪の蓄積を防ぐ


さらに、カプサイシンが血糖を低下させる作用があるという報告もあります。


血糖値が高いと脂肪がつきやすくなりますので、この点でもダイエット効果があるのかもしれません。


カプサイシンは体内に入ると小腸で吸収され血液中に入り,脂肪を分解するホルモンであるアドレナリンを分泌させます。


アドレナリンが出ると体が興奮して体温が上昇し,脂肪の分解を促進します。


運動をするとアドレナリンが出て体温が上昇しますが,カプサイシンにはこれと同様の働きがあります。


ただし唐辛子だけでやせるには,コップ1杯もとらなければなりません。


現実的でないばかりか大変危険なので,適量のカプサイシン摂取と軽い運動との併用がよいでしょう。


その他にも、癌細胞の成長を抑制する作用があるということで注目されてもいる成分です。


唐辛子を使った調味料はバラエティに豊み,いろいろな料理からカプサイシンをとることができます。


例えば,粉唐辛子,ラー油,トウバンジャン,コチュジャン,タバスコ,沖縄のコーレーグースなど。


また,辛いものが苦手な人には,辛さを取り除いたカプサイシンのサプリメントがおすすめです。


運動前にカプサイシンのサプリメントをとると脂肪が燃えやすくなります。


タイや韓国では1日に15グラムとるそうですが,日本人の場合は多くてもその半分が限界でしょう。


カプサイシンには食欲を増進させる働きもあります。 辛くするだけで旨みが不思議と増すものです。


食べる量を極端に制限する必要はありませんが、 いつも以上に食べてしまってはせっかくのダイエットが無くなってしまうかもしれません。


毎日・毎食食べるとすれば、やはりキムチを利用するのが良いでしょう。


ご飯にもパスタにもうどんなどにも合います。納豆キムチダイエットという方法もあるくらいですから、


納豆など大豆食品との組み合わせで効果を高めるのも良いでしょう。


日本のキムチには塩分を多くして、トウガラシの辛味を抑えたものもあります。


効果を高めるためにはトウガラシのたっぷり入った本格派キムチをお勧めします。







ダイエットフード激辛唐辛子超激辛唐辛子☆ハバネロ☆でお手軽カプサイシンダイエット!カプサ...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント