FC2ブログ

しょうがココアダイエット

一般に、秋冬は寒さで基礎代謝が落ち、太りやすくなるといわれています。


ダイエットをしても、なかなかやせないという経験をお持ちのかたもいることでしょう。


そうした皆さんにおすすめしたいのが、体をあたためてやせやすい体にしてくれるしょうがココア。


「しょうが」と「ココア?」ってとっても変な組合せですよね。


しかし、これがびっくり「しょうが+ココア」のコンビには、体全体を効率よく温めて基礎代謝をよくする働きがあります。


さらに蓄積された老廃物や体のむくみも解消してくれるのです。


しょうがは、皆さんもご存じのとおり、漢方食材のひとつ。しっかりした効果のある、私たちに最も身近な生薬といえます。


現代は、料理の薬味や、肉や魚などのにおい消しなどによく使われますが、これは、しょうがに強い殺菌作用があるからです。


そもそもしょうがは、古来の日本や中国では、薬として用いられてきた食材でした。


主な効用は、解熱、鎮痛、鎮咳、鎮吐、消炎、胆汁分泌促進、抗潰瘍作用など。


通常の生のしょうがは、新鮮生姜などと呼ばれ、乾燥させたものは、生姜、


生のまま蒸してから乾燥させたものを乾姜と呼んで、患者さんの体質や症状によって使い分けます。


ちなみに、効力の強さは、乾姜>生姜>新鮮生姜の順で、乾燥させたもののほうが成分も濃くなっています。


しょうがは、漢方では体をあたためる性質、すなわち「温性」の食材です。


食べると、血液の循環がよくなってエネルギーの代謝がアップし、冷えが改善します。


継続して長期的にとれば、やせやすい体質を維持することも可能です。


発汗作用もあるので、体の中の老廃物を排出させる効果も期待できます。


冬は、汗をかきにくくなるので、やせにくくなるばかりか、老廃物が体に蓄積されやすくなります。しょうがをとって、体の毒出しをしたいものですね。


また、食べ物を摂取した際の、消化→吸収→利用に至る一連の流れをスムーズにする働きもあります。


食事の量が少ないのに、なぜか太ってしまうという人には、しょうがは、とくにおすすめの食材といえます。


ココアもしょうがと同様、温の性質を持ちます。


したがって、ココアにしょうがを加えれば、温性の働きがさらに高まり、冷えとり効果が強化されます。


しょうがとココアは、とても相性のよい食材といえるでしょう。


ココアの成分としては、食物繊維が豊富なので、便秘の改善に効果的です。


便秘がつづくと体に老廃物がたまり、さまざまな不調を招くようになります。


しょうがとココアはどちらも、私たちの体を内側からきれいにして、健康にしてくれる優秀な食べ物なのです。


また、コーヒーなどとくらべると効力は弱いですが、ココアには、カフェインも含まれています。


そのため、体を覚醒させ、活性化させる作用があります。


朝、ココアを飲めば体のエンジンがかかり、1日を元気に過ごすことができるというわけです。


ココアに関しては、カカオポリフェノールが血流を促進して冷えを軽減すると考えられています。


さらに、カフェインの仲間であるテオブロミンやアミノ酸の一種であるギャバという成分には、ストレスをやわらげ、リラックスさせる効果があります。


ココアを飲むと、ほっとするというのは、これらの成分の働きによるものです。


作り方は想像する通りとても簡単です。


ホットココアにおろししょうがを繊維ごといれるだけです。


しょうがは親指の先くらいの大きさをすりおろしておきます。


よくかきまぜてできあがりです。温かいうちに飲みましょう。


1日に朝と夜、1~2杯程度飲んで下さい。


あるいは、間食の時間帯におやつ代わりに飲むといいです。


おやつの代わりにはならないかもしれませんが、お腹の中はちょっと満腹感があり、これを飲んだので痩せると痩せるという安心感も持てます。


どちらも手軽で無難な食材です。この冬の健康ドリンクとして、試してみてはいかがでしょうか。







 「ブルボン しょうがココア 150g」程よいからみ野ある生姜(しょうが)を配合したココアです。...





しょうがココアダイエット
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント