FC2ブログ

おかゆダイエット

お粥ダイエットはおかゆを食べるダイエット方法です。


おかゆは米に水を多く入れて炊き、塩をちょっとふりかえるだけで簡単にできる料理ですが、


実はこのおかゆはダイエットに適した料理なんです。


おかゆの最大のダイエット効果は、なんといってもその低カロリーさにあります。


通常の白米を炊くよりも多く水を入れるのがおかゆですから、


米が水を吸って膨らみ、同じ一人前の量でも、普通にごはんを食べるより白米の量が少なくて済みます。


米の量が少ないということは、当然その分カロリーも低くなるわけです。


おかゆには、加える水の量によっていくつか種類があります。


もちろん、その水の量によってカロリーも変わってきます。


おかゆの中でも一番水分の多い三分粥は、通常のごはんの5分の1以下のカロリーです。


水気が少なめで、とろとろとした全粥でも、100kcalとかなり低カロリーなのがわかります。


おかゆのダイエット効果は低カロリーだけではありません。


おかゆは温かい食べ物なので、身体があたたまります。


体温が上がると、代謝が良くなって、内臓などの身体の器官が活発に動き始めます。


こうなると、もちろん一時的ではありますが、基礎代謝量も上がります。


また、熱々のおかゆを勢いよくかきこむ人はいません。


フゥフゥと冷ましながらなので、自然と食べるのもゆっくりになり、満腹中枢を刺激する効果もあります。


より高いお粥ダイエット効果を望むのでしたら、白米よりも玄米をおかゆにすれば効果もあがってきます。


玄米のお粥は白米のお粥よりも栄養価が高いです。


健康的なダイエットにもよいです。


また、玄米にはビタミン・ミネラルが豊富に含まれているので、


ダイエット中に不足しやすい栄養素が摂取しやすいです。


お米と水分だけですので、栄養がほとんどないです。


いろいろなものをトッピングできるのもおかゆのいいところです。


ごはんに合うものなら、たいていのものはトッピングできます。


ここで高カロリーなものをトッピングしたら、せっかくのおかゆの低カロリーさが台無しですが、


鶏のささみや漬物、梅干などをトッピングしたり、他のおかずといっしょに食べたりすれば、


栄養バランスを良くすることができます。


またあまり噛まなくて良いので、顎や胃腸が弱くなりやすいです。


取り入れる際は、お粥だけダイエットではなく、


レパートリーの1つとして取り組んでいくと効果的です。







スッキリ!低カロリーのお粥で体内おそうじ&ダイエットデトック・スリム粥10食(イタリアント...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント