FC2ブログ

生姜紅茶ダイエット

生姜紅茶ダイエット」は、手軽に飲めて体を温めると同時に発汗作用や利尿効果がアップ、


また新陳代謝も高まることでリバウンドしにくい体質になるダイエット法として人気です。


痩せない主な原因には、「基礎代謝の低下」「むくみ」「老廃物の蓄積」といった要因が絡んでいる可能性大。


特に現代の日本人は老若男女を問わず低体温の人が増えているそうで、体温が1度下がると代謝は約12%、免疫力は約30%も低下するといわれています。


中でも代謝が12%低下すると1日の消費エネルギーが200~500kcal減るということになるので、ダイエットにとって大変不利になるというわけ。


また、下半身太りで悩む女性の場合は、冷えから起こる「むくみ」がその原因であることが多いもの。


体温が低いと代謝が悪くなり余分な水分が溜まりやすい→下半身の「むくみ」を招くうえ、


糖分や脂肪があまり燃えない→太りやすい体質を作ることにもなります。


「生姜」には血行を促進して体を温める効果があり、緑茶を発酵させた「紅茶」には体の中で熱を作る作用があります。


これら二つの作用が相乗的に高まることで代謝がアップし、痩せやすい体質に導くのが「生姜紅茶ダイエット」の痩せる理由となります。


また、「生姜」と「紅茶」には利尿効果もあるので、余分な水分や老廃物の排泄を促すことも期待できます。


「生姜」の入った料理を食べたり飲んだりすると身体の中からポカポカと温かくなるのが分かりますが、


これは「生姜」に含まれる成分(ジンゲロール、ショウガオール)が血行を良くして身体を温めてくれるから。


この身体を温めてくれる効果が、新陳代謝を活発にしてくれるため、ダイエットにも大いに役立つことがわかっています。


ジンゲロール&ショウガオールで体温アップ


「ジンゲロール」「ショウガオール」は生姜に含まれる辛味成分で血管を拡張する作用があります。


生姜を食べると体の末端の毛細血管も拡張して体のすみずみに血液が行き渡り、


結果、体温が上がり脂肪が燃えやすくなって痩せ体質になる効果が期待できます。


痩せホルモンの減少を抑えるアディポネクチン


生姜に含まれる「ジンゲロール」は、「アディポネクチン」の減少を抑える効果もあるといわれています。


「アディポネクチン」は傷ついた血管を修復する働きをもつホルモンで、血流をよくするだけでなく、


血中の中性脂肪値を下げたり、血糖値を調整したりする作用があるといわれています。


「アディポネクチン」は、肥満になるほど分泌量が低く、多いほど太りにくいとされているので、別名痩せホルモンともいわれています。


また、血管が拡張し血液循環がよくなれば、胃や腸などの臓器の働きも活発になります。


特に、大腸のぜん動運動が活発になることで便通もスムーズになり、余分なものを溜め込まない体になるのはもちろん、


気になるお腹のポッコリも解消してくれます。


紅茶自体も利尿作用があるし、体をあっためて脂肪を燃やしやすくする効果があるから、紅茶としょうがを組み合わせたら無敵ってこと♪


生姜紅茶は1日に2~6杯飲むのが適量。そんな生姜紅茶の作り方はとても簡単で、


お湯を沸かし紅茶を入れたら、すりおろした生姜か生姜汁を小さじ1~2杯入れるだけ。


また、この生姜紅茶に好みで蜂蜜か黒砂糖を加えるのもオススメ。


「カロリーが多くて太るのでは?」と思われがちですが、ハチミツや黒砂糖に含まれる鉄分やミネラルで滋養強壮作用が促進されると同時に、


体を温め代謝をよくする作用がより高まるので気にする必要はありません。もちろん、摂り過ぎはNGですよ。


まず朝の一杯がオススメです。体温が低く代謝が低下している朝に飲めば、体を温め高代謝の状態で一日が過ごせるようになります。


また入浴前もオススメで、体を温める効果がよりパワーアップし、発汗&利尿作用もよりアップします。


その他、お茶タイムなどに水分補給として飲んでいきましょう。


ただし仕事とかで長時間トイレに行けないような状況の時は、やめといた方がいいですよ。


ダイエットのつもりじゃなくて、おいしい紅茶を好きで毎日飲んでる感覚になれれば、続くと思いますよ♪







加熱・乾燥したショウガチップたっぷりだからポカポカあったか♪ダイエット!純国産しょうが紅...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント