FC2ブログ

りんご寒天ダイエット

りんご寒天ダイエットは、どちらも食物繊維が豊富な食材なので、ダイエットにとても効果があります。


寒天はテングサという海藻から作られている食材です。


寒天の食物繊維は、便の量を増やして腸内の老廃物や脂肪を一緒に排出してくれる働きがあります。


また、カロリーもありませんので、気軽に摂取できる食材です。さらにはお腹の中で解けにくいので、満腹感が持続的に続いてくれます。


しかし、寒天は海藻類なので、食べ過ぎてしまうと体を冷やす場合があるので、過剰摂取には注意しましょう。


なぜリンゴなのかというと、リンゴには体をあたためる効果があります。


リンゴと寒天を一緒に摂取する事で、寒天の欠点をカバーしようというのが、リンゴ寒天ダイエットなのです。


リンゴには、水溶性食物繊維「ペクチン」が入っています。ペクチンの働きは腸内の善玉菌を増やし、胆汁酸が吸収されないようにしてくれます。


胆汁酸は肝臓でコレステロールから作られ、消化液として腸で栄養が吸収されるのを助けます。


胆汁酸は栄養とともに腸から吸収され肝臓に戻り、再び消化液として働きます。


しかし、ペクチンによって胆汁酸の吸収が阻害されると、肝臓はコレステロールから不足した胆汁酸を作らないといけなくなります。


そのためリンゴを食べると、体内のコレステロール値が減るのです。リンゴには抗酸化物質であるポリフェノールも豊富です。


りんごには、お腹の調子をととのえるペクチンや体内の余分なナトリウムを排泄するカリウムが豊富に含まれており、


寒天の豊富な食物繊維は便秘予防に役立ちます。


さらに、りんごのポリフェノールには、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状の改善に効果があります。


抗酸化とは、細胞がさびついて老化するのを防ぐことなので、美肌・美白効果もあります。


りんご寒天ダイエット用りんご寒天の作り方


・りんご2個 ・粉寒天8g(2袋)(棒寒天の場合はたっぷりの水に10分浸し、水けをしぼったらこまかくちぎってから煮ること) 


・水600mlを用意する。


・鍋に水を入れたら粉寒天をふり入れ、中火にかける、煮立ったら、弱火にしてときどきかきまぜながら、1~2分煮る。


・りんごの皮をむいたら塩水にさらして変色を抑えてから、おろし金ですりおろす 。


・すりおろしたりんごをボウルに入れ、溶かした寒天を流し入れて、よくかきまぜる。


・出来たものをバットやふたつきの密閉容器などに流し入れる。


・あら熱がとれたらラップかふたをし、冷蔵庫で冷やし固めて完成。


りんご寒天ダイエットでのりんご寒天の食べ方


・夕食がわりに出来上がった分量の1/3~1/2を食べ、朝食、昼食はバランスよくしっかり食べる。


・②朝昼晩の食事前に1/3づつ食べ、お腹がいっぱいになる分主食を減らして、おかずはバランスに気を使って摂る。


以上、どちらでもよろしいです、ライフスタイルに合ったパターンをお選び下さい。


ダイエットと美白でとても効果的にキレイになれます。おいしく食べて、ダイエットしましょう。







癒し系お菓子、寒天飴。リラックスしましょ。りんご寒天飴
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント