FC2ブログ

キャベツダイエット

キャベツダイエットには3種類の方法があります。


ひとつめはキャベツのみを食べ続ける方法です。


ふたつめは二つ目は1食のみ、キャベツだけ食べるという置き換えダイエット。


そしてみっつめがキャベツを食べてから食事するという、食前キャベツダイエットです。


キャベツダイエットのキャベツはガン予防のの可能性が高い食品リストで、


ニンニクに次いで2番目に高い評価を得ています。


また、キャベツダイエットは荒れた胃や腸を元気にしてくれるビタミンUをたっぷり含んでいます。


ビタミンUは、胃腸薬に配合される粘膜修復成分としても有名です。


さらにビタミンUは、冷蔵庫の中で保存するとより増えることがわかっています。


100gあたり23kcalという低カロリーさでダイエットには最適なキャベツ。


食物繊維が多く含まれているということはよく知られていますが、


もうひとつ注目したいのがビタミンCが豊富に含まれているという点です。


キャベツの大き目の葉(2~3枚)で、1日に必要なビタミンCを摂取することができます。


ダイエット中に不足しがちなビタミンですが、キャベツダイエットの場合、そちらの心配は不要ということになります。


ちなみにビタミンCが多く含まれるのはキャベツの芯の部分と、外側の葉の部分です。


摂取する際にその部分を積極的に使っていきましょう。


ビタミンCの他にもビタミンA、B1、B2、E、 K、ナイアシンなどのほか、


ミネラル分も多く、カルシウム、リン、鉄、カリウム、マグネシウムなどが含まれています。


基本的な食前キャベツダイエットの方法をご紹介しましょう。


まず、キャベツを用意します。キャベツ(6分の1個)をざく切り(5cm角切り)にし、


生のままバリバリと食べましょう。


この時のポイントが「10分以上よく噛んで食べること」です。「


10分以上噛む」という行為によって、その刺激が脳内にある満腹中枢に伝わります。


そうすると、満腹感を感じその後の食事の量が自然に減るわけです。


一つ目のキャベツのみを食べ続ける方法は、これは栄養が偏る、


1つの食品を食べ続けるという行為はストレスの原因になるという理由からあまりお薦めできません。


二つ目の1食のみ、キャベツだけ食べるという置き換えダイエット。こちらも長く続けるという観点からみると、


1食をキャベツだけ食べるという行為は、やはりストレスが溜まるし、飽きやすいという点からお薦めしません。


最後は、キャベツ食前ダイエット。こちらは最も長続きしやすく、またキャベツを食べてから普通の食事をするため、


食べる量が自然と減ります。結果痩せる効果も得やすいためお薦めです。







おなかいっぱい食べてもやせる!キャベツダイエット
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント