FC2ブログ

コーヒーダイエット

コーヒーを飲んでダイエットする、とは一体どういうことなのでしょう。


まず、コーヒーに含まれるカフェインには、脂肪を分解して血液中に放出する働きがあります。


難しく言えば…カフェインを摂取すると、交感神経が活発になってノルアドレナリンが分泌されます。


また、ノルアドレナリンによって褐色脂肪細胞が刺激されるとリパーゼが生成されます。


生成されたリパーゼは、白色脂肪細胞に運ばれ、蓄積された脂肪が分解されて脂肪酸として血中に放出されます。


カフェインのこの力を利用して “脂肪を付きにくくしよう” というのが、


コーヒーダイエットのそもそもの考え方です。


コーヒーに含まれるカフェインにはダイエット効果があり,


1日に何杯もコーヒーを飲むこのダイエット法は,コーヒー好きにはうってつけでしょう。


コーヒーのカフェインが体内に取り込まれると,体内活動を目覚めさせるアドレナリンが分泌され,


これが脂肪細胞に働きかけて分解を促し血中に脂肪酸として放出されていきます。


ただし,カフェインをとり過ぎると,不眠や興奮,動悸などの弊害もあるので,体調に注意しましょう。


コーヒーに含まれるカフェインの量は,生豆で重量の1.2%,炒り豆は1.3%,

インスタントコーヒーは0.8%です。


そして,ペーパードリップでいれたレギュラーコーヒーで0.4%,インスタントコーヒーで0.01%です。


コーヒーダイエットにも正しいやり方があります。


ただコーヒーを飲むだけでは、その効果はありません。


1.浅煎り豆のコーヒーを選択する。


2.砂糖を入れるのは駄目!ブラック(無理ならミルクのみ)で飲みましょう。


3.食後にコーヒーを飲むように習慣付けましょう。


4.入浴や運動前に飲むと、より効果が実感出来ます。


5.3~4時間程度でカフェインは消えてしまうので、続けて飲む事が大切 です。


6.1日4~5杯は飲みしょう。


7.クロロゲン酸は熱に弱いので、80~90度で焙煎して下さい。


8.アイスで飲むと、腸の働きが低下してしまいますから、必ずホットで飲みましょう。


9.タバコとの服用は絶対に禁止


また,コーヒーは食前,運動前に飲むとより効果的で,食前の温かいコーヒーは満腹感が出てくるので食べすぎの予防にもなります。


通勤,買い物,仕事での外回りの前に飲むと,体内の脂肪がより燃焼しやすくなります。


朝食前,外出前,昼食前,会社から帰宅する前,夕食前にそれぞれ1杯ずつ飲めば理想的でしょう。







【】スリミナボディコーヒー【今話題のコーヒーダイエット♪】※5250円以上で送料無料【メール...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント