FC2ブログ

とうがらし梅茶ダイエット

中国では薬として使われることもあるという「梅」。その梅を使ったダイエット法です。


その名も、とうがらし梅茶ダイエット。やり方はいたって簡単で、梅干しをほぐしてそこにお茶を注ぎ、


最後にトウガラシの粉をひとつまみ加え、1日1、2杯を飲むというもの。


では、とうがらし梅茶飲むだけで、どうしてやせることができるのでしょうか?


まず、梅には血液をきれいに保ち、疲労を回復し、イライラを解消、さらに老化を防ぎ美容を保つなどさまざまな作用があります。


これらの多くは、梅に含まれるクエン酸などの有機酸やミネラルの働きによるもの。


疲れの原因になる老廃物・乳酸を体外に排出したり、水分代謝を調整したりすることで、このような薬効が得られるといいます。


そして、このダイエットのカギを握るのが、梅トウガラシ茶に含まれるトウガラシ。


トウガラシには、ダイエット効果が高いことで知られる辛み成分「カプサイシン」が含まれています。


カプサイシンは、体内に吸収されるとアドレナリンが分泌されます。


アドレナリンが分泌されるとエネルギー代謝が盛んになり、体脂肪が分解されやすくなります。


但し脂肪が燃焼されなかった場合、分解された脂肪は元に戻ってしまいます。


唐辛子を食べた後に有酸素運動すれば効率よく脂肪を燃焼させることができます。


また、脳に刺激を与えることで血液循環を活発にし、梅のクエン酸をすばやく体のすみずみにまで届けてくれる働きもあるそうです。


を、基本的に1日1~2杯飲みます。


飲む回数も、量も、とくに決まりはありませんが、トウガラシを毎日大量に摂取すると、体に耐性ができてしまい、効果が薄れてしまうといいます。


一度にたくさんの量を飲むのではなく、1日1~2杯を毎日続けるのがよいでしょう。


お茶の種類は緑茶がお勧めですが、番茶やお湯などお好みでよいそうです。


ダイエットというと、なにかと面倒でなかなか長続きしないもの。


でも、この梅トウガラシ茶ダイエットなら、お茶感覚で飲むことができ、誰にでも簡単に続けられるのが嬉しいところ。


また、梅トウガラシ茶ダイエットでは、速効性のあるダイエット効果が期待できるといいます。


血液循環を正常にしてさらさらの状態にしてくれるため、高血圧やコレステロールなど生活習慣病の予防にも効果的。







ピリッとした唐辛子と紀州の梅の味が自慢!☆楽天限定お徳用☆とうがらし梅茶50袋チャック袋に...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント