FC2ブログ

キャベツスープダイエット

キャベツスープダイエットとは、キャベツに含まれるイソチオシアネートやビタミンUによって、抗ガン効果や胃腸回復を図り、


その食物繊維によって満腹感を感じてダイエットに成功する方法です。


キャベツスープダイエットのキャベツはガン予防のの可能性が高い食品リストで、ニンニクに次いで2番目に高い評価を得ています。


また、キャベツスープダイエットは荒れた胃や腸を元気にしてくれるビタミンUをたっぷり含んでいます。


ビタミンUは、胃腸薬に配合される粘膜修復成分としても有名です。


さらにビタミンUは、冷蔵庫の中で保存するとより増えることがわかっています。


アメリカ発だといわれるものなので、レシピの野菜をそのまま手に入れるのは難しいものがあるかもしれませんが、


同じような日本の食材に代えればほぼ同じようなキャベツスープダイエットにすぐに取り組むことが出来ます。


キャベツスープの作り方は結構簡単なので実行しやすいし、そろえる具材も安く手に入るものばかりです。


このキャベツスープダイエットは一週間限りのダイエットになります。


なのでダイエットが続かない、結果を早く出したいという人にはオススメです。


目標の日にちまでに痩せたい!なんていうときには頼りになりますね。


ですが短期間にぐっと確実に体重を落としていくためのダイエットなので少々栄養が不足すしています。


栄養の必要な成長期の子供や妊産婦の人にはオススメできません。


このキャベツスープダイエットをした後は胃が小さくなるようなので、


その後も少しの量で満腹になるから最近ちょっと食べ過ぎかな、と思う人には食生活の改善にもなると思います。


アメリカ発キャベツスープダイエットの期間中には、水、紅茶、コーヒー、お茶、スキムミルクは飲んでOKだそうです。もちろん砂糖などは入れてはいけません。


さて、そのキャベツスープの料理法ですが、もともとアメリカで出来たダイエット法なので


手に入らない食材などは、多少代えて作りましょう。


用意するもの


・シャロット(たまねぎの変種なので玉ねぎで代用できます)3個


・ピーマン1個


・トマトの缶詰1個


・にんじん1.5本


・マッシュルーム1/2パック


・セロリ1本


・キャベツ1/2個


・コンソメ 数個


・チキンブイヨン1~2個


・V8ジュースお好みで加減して


作り方


野菜は一口大に切っておきます。


沸騰したお湯にブイヨン、コンソメをいれ、野菜をすべて入れて二時間煮込みます。


途中アクを取って、最後に塩コショウV8ジュースで味を調えます。


その他最初に堅いものから野菜をいためてカレーの要領で


ブイヨンとコンソメと水を入れて、V8ジュースを加え2時間煮込む方法もあります。


キャベツスープダイエットの方法は、


1日目は、果物(バナナとアボガドはダメ)


2日目は、野菜(調理法に決まりはないけど、油とバターは使わない)


3日目は、果物と野菜(お腹いっぱい食べてよい)


4日目は、スキムミルクとバナナ(3本まで)、水を意識してたくさん飲むこと


5日目は、肉とトマト(6個まで)、水を意識してたくさん飲むこと


6日目は、牛肉と野菜を好きなだけ(ただし芋類はダメ)


7日目は、玄米と野菜と果汁(フルーツジュースでもよい)


毎日キャベツスープとこの1週間のメニューを組み合わせて一週間で行います!


このキャベツスープダイエットの特徴は、実施する期間は1週間だということ!


手術をするために減量することが当初目的のようなので、確実に体重はおちるそうですが


炭水化物やたんぱく質、ビタミン、ミネラルが、不足しているそうなので、一週間以上続けるのはよくないんみたい。


このアメリカ発 キャベツスープダイエットは実行後は、少なくとも2週間は普段の食事に戻さなくてはならないそうです。







野菜スープ7日間ダイエットでやせ体質
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント