FC2ブログ

朝だけフルーツ・ダイエット

朝だけフルーツダイエットとは、「朝バナナダイエット」や「朝キウイダイエット」と


同じように、朝にフルーツを食べてヤセせようというもので、フルモニ(フルーツ・モーニング)とも言うようです。


朝食に好みのフルーツを1~3種類、生のまま食べるダイエット方法です。


フルーツにはタンパク質、糖、ファイトケミカル、ビタミン、ミネラル、食物繊維など多くの成分が含まれています。


そのため、体内にため込まれている毒素を排泄させるのに役立ちます。


いま、欧米では「ナチュラル・ハイジーン」という健康科学理論にもとづき、フルーツと生の野菜をたっぷり食べることで健康を維持し、


さらには肥満や病気を克服している人たちが急増しています。


タンパク質も糖もファイトケミカル、ビタミン、ミネラル、食物繊維も含む完全食、フルーツ。


その大きな特徴は、私たちの体内毒素を排泄する働きにあります。


体は本来、体内毒素を自ら排泄する働きを備えていますが、ナチュラル・ハイジーンの考え方では午前4時から正午までが最も排泄にふさわしい時間帯としています。


ただし、その排泄の時間帯にごはんや肉・魚を食べてしまうと、体はこれらを消化・吸収することにエネルギーを浪費してしまい、完全な浄化活動にまで手が回らなくなります。


いっぽうフルーツは、豊富に含まれる酵素のおかげで、熟す段階ですでに消化がすんでいるため、


私たちの体が自前の酵素を使って消化しなくても、10~20分で胃を通過してエネルギーを補充。


しかも、フルーツに含まれる酵素は、体内にため込まれている毒素をかき集めて、排泄させるのにも役立ってくれるのです。


酵素は、消化や浄化だけでなく、エネルギーの代謝や体の生命機能すべてに不可欠な要素。


しかし、私たちの体が一生のうちにつくり出せる酵素の量は限られているので、酵素の節約こそがアンチエイジングの秘訣なのです。


また、フルーツにたっぷり含まれる水分は、ただの水とは違い、太陽エネルギーを豊富にたたえた生命力あふれる水です。


こうしたすばらしい要素を持つフルーツに助けられ、体内の老廃物がスムーズに浄化されれば、太ることはありません。


午前中は生のフルーツと水だけで過ごします。生で食べられるフルーツなら何を食べてもOKです。


朝食はフルーツだけですませるのが基本です。


旬のものでも、一年中手に入る南国のものでも、好みのフルーツを1~3種類、生のまま食べるだけ。


ただし、午前中はお茶やコーヒーなどを避け、水分補給はフルーツと純粋な水だけで行うこと。


例外として、新鮮なフルーツをミキサーにかけたものを繊維ごと摂取した場合は、フルーツをそのまま食べた時と同じ効果があります。


ただ、ジュースを作る時のポイントは、なるべく薄皮などの繊維部分も出来るだけミックスすることです。


100%であっても市販のジュースはダメです。


朝食をフルーツだけにすると最初のうちはお腹がすく人もいます。


お腹がすいたら午前中のうちは、フルーツを好きなだけ食べます。


また、朝食と昼食が一緒という人も1日の最初の食べ物はフルーツにしてください。


朝、胃の中にフルーツ以外のものが入ると、食べたものの消化・吸収にエネルギーをとられ、


午前中に行うべき排泄、つまり体内の浄化がおろそかになります。


またフルーツは、フルーツ以外のほかの食べ物を食べた直後には食べないこと。デザート扱いは禁物です。







若い女性を中心に人気沸騰中!!肥満用特殊タブレット!!ミックスフルーツダイエット&ビューティー
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント