FC2ブログ

黒豆ダイエット

おせち料理の定番である黒豆ですが、正式には黒大豆といい大豆の仲間となっています。


この黒豆には、イソフラボン、サポニン、アントシアニンといった成分がたくさん含まれていて、食物繊維が豊富なのも特徴です。


黒という色の元になっているのは、アントシアニンという色素によるものです。


このアントシアニンが大量に含まれている黒豆は、脂肪や脂質の吸収をおさえてくれる働きを持ちます。


そして大量にアントシアニンが含まれている黒豆は、、吸収を抑えるだけでなく、脂肪や脂質の排出を促進するという効能まで持ち合わせているのです。


また活性酸素を除去する働きで、血液をサラサラにし体脂肪をつきにくくする働きもあります。


イソフラボンは、黒豆の胚芽部分に多く含まれている成分で、女性ホルモンと同じような働きをもちます。


この成分が更年期の諸症状を緩和したり、高血圧や肥満などの生活習慣病を防止する役割もするといわれています。


サポニンは、過酸化脂肪の増加を防ぐ役割があります。高血脂症を予防し脂肪の代謝を促すことで、肥満を防止する効果が期待できます。


黒豆の食物繊維は胃に長く留まるため、満腹感を持続させ、食欲を抑制してくれます。同時に、便秘解消やデトックス効果もあります。


黒豆には、必須アミノ酸の11種を含む良質なたんぱく質が豊富に含まれています。


そのため、コレステロールの調整や肥満の防止、老化の防止といった効果や効能が期待できます。


ダイエットだけでなく健康にも黒豆が良いというのはわかっても、あの味が苦手…という方も少なくないと聞きます。


ですから、そういう場合は、簡単に黒豆を摂取できる他の方法を採用してみましょう。


私がおすすめしているのが、黒豆茶です。


簡単に淹れれますし、味も美味しく仕上げれますので、勉強の合間、仕事で一息つくシーンなどで飲んでみてはいかがでしょうか。


黒豆茶の作り方は簡単です。


方法としては、以下のようにするだけですので、試してみてください。


1. 急須に大さじ2~3杯程の黒豆を入れてください。


2. 次に、お湯を淹れて3~5分程待ってください。


3. 淹れたお湯が豆の影響で黒っぽくなってきたら、湯呑みに注いでください。


たったコレだけの事なのです。


黒豆はダイエットや美容にとって嬉しい成分が豊富に含まれているので、摂取量をきちんと守れば体にいいのはたしかです。


血液サラサラ効果で冷え性が緩和したり、便秘解消で美肌効果が期待できるかもしれません!







【あす楽対応_東北】【あす楽対応_関東】【あす楽対応_甲信越】【あす楽対応_北陸】【あす楽対...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント