FC2ブログ

とろろ昆布ダイエット

とろろ昆布ダイエットは、カロリーの摂取量を抑えるタイプのダイエット方法です。


とろろ昆布ダイエットのメリットは食物繊維が豊富なためお通じが良くなること、


値段も安くおやつ感覚で取り入れることができること、乾燥しているので少量でも満足でき満腹感を得ることができるといった点があります。


とろろ昆布ダイエットでは、それに含まれる水溶性食物繊維のアルギン酸とフコイダンが働いてくれます。


とろろ昆布ダイエットでは、たくさんの食物繊維を摂取することができます。


というのも、昆布に含まれている食物繊維は、100g中28gもあるからなのです。


薄く切られているものを使うことで、より効率よく食物繊維が吸収されるために、便秘の解消に効果を発揮します。


また、マウスを使ってとろろ昆布ダイエットの効果について実験したところ、


粗粉砕した昆布を摂取したマウスに比べて体重の上昇が抑えられたという結果が出ています。


脂ととろろ昆布を一緒に食べると、とろろ昆布にたくさん含まれている、水溶性食物繊維に含まれるアルギン酸とフコイダンが、


小腸で脂肪と糖分を抱え込んで、吸収されないまま体外に排出することです。ですから、脂肪分や糖分の摂取を押えることができるのです。


また、とろろ昆布は、体の中にはいると、水分で膨れて大きくなり、早く満腹感が得られ、食べる量を自然に抑える効果もあります。


小量でも食欲が満たされるので、小腹が減ったときにおやつ代わりに食べている人もいます。


女優の釈由美子さんや歌手のhitomiさんも、このとろろ昆布ダイエットを取り入れており少しずつ話題になっています。


とろろ昆布ダイエットの進め方は、至って簡単です。1日に10グラム食べるだけです。たったこれだけでダイエットができてしまうというのです。


10グラムと言えば、市販のとろろ昆布が50から70グラム程度入っていますので、1袋を1週間で食べるペースになります。


味噌汁、お吸い物、うどんなどにとろろ昆布をたっぷりと入れるやり方だけで立派なおかずになります。


とろろ昆布ダイエットの方法は人それぞれ違うと思います。早めに効果を出したい方は朝にとろろ昆布入りの味噌汁かお吸い物を取りましょう。


お昼は、とろろ昆布がたっぷり入ったうどんか、おにぎりとお吸い物にします。うどんにたくさん入れれば、うどんの量を少し減らしても良いでしょう。


夜はまたお吸い物か味噌汁にします。


即効性を求めずに1か月に1kg程度ダイエットできればよいというのであれば、少し工夫をして朝と昼はどこかにこれをたっぷり入れて普通の食事をします。


夜はとろろ昆布入りのお味噌汁かお吸い物にすれば確実に減量できるでしょう。食べ過ぎたとしても脂肪を包み込んで排出してくれるので安心です。


とろろ昆布にはヨード(ヨウ素が豊富に含まれているので、甲状腺疾患のある方は、医師に相談することが大切です。


ダイエットの基本は、バランスの取れた食事をすることですので、


とろろ昆布のみを食べ続けるような、無理なダイエットは絶対にしないで頂きたいと思います。







【メール便送料無料】栄養豊富な根昆布入りとろろ!とろろ昆布ダイエットが今話題!とろろ昆布...





とろろ昆布ダイエットバイブル
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント