FC2ブログ

豆腐ダイエット

とうふダイエットでは、主食であるごはん、パン、めんを1日1回、とうふに置き換えるのが基本です。


とうふはごはんよりも低カロリー。その上、脂肪を燃焼する成分や代謝を上げる成分、便秘解消成分がぎっしり含まれています。


朝・昼・夜のうち1食だけだから、長く続いて、確実にやせ体質に変わっていきます。


ダイエットの基本は3食バランスよく食べること。


1食抜いたり、主食を口にしないでいると、体のバランスがくずれ、太りやすくなってしまいます。


とうふはやせ効果にすぐれ、栄養バランスのとれた食品。とはいえ、1品ではパーフェクトとはいえません。


減量をスムーズに行うには、体が必要な栄養素をバランスよくとることが大切。


とうふをごはんに見立て、必ずおかずも食べましょう。どんぶり風におかずをのせたり、とうふメインのおかずを主食代わりにしてもOK。


ガマンしないでたっぷり食べられるのもこのダイエットの魅力です。


やせ成分たっぷりのとうふダイエットなら、毎日でなくてOKです。とはいえ、結果を出すには週3回以上は行いましょう。


平日中心に取り入れてもいいし、平日は忙しくてという人は週末中心でもかまいません。


豆腐は大豆から作られています。大豆は「畑の肉」と呼ばれるだけあって、たんぱく質がとっても豊富です。


100gあたり35.3gものたんぱく質が含まれてます。たんぱく質は筋肉の源になります。


筋肉が増えれば、基礎代謝量が増え、やせやすく太りにくい体質になります。


ダイエットの強い味方になるのが、ビタミンB群です。


脂質や糖質の燃焼を促進してくれるビタミンB1、B2、B6といったビタミンB群がたくさん含まれてます。


逆にこれらが不足すると、脂質や糖質はうまく燃えてくれません。


またビタミンB群が不足すると、ストレスや疲れを感じやすくなってしまいます。健康的なダイエットのためにも、欠かせない栄養素なわけです。


ちなみに大豆には、老化を抑えて脳梗塞を予防してくれるビタミンEもしっかり含まれてます。


ダイエット中の食事制限で、不足しがちなカルシウム、カリウム、マグネシウム、鉄分などのミネラル。


豆腐にはこれらのミネラルも多く含まれています。


腸の働きを正常にしてくれて、余分な栄養の吸収を遅らせ、脂肪の蓄積を抑えてくれるサポニン。


脂肪を溶かして排出し、コレステロールを減らしてくれるレシチン。


女性ホルモンに似た働きで、美容や健康維持に欠かせないイソフラボン。


腸を刺激して基礎代謝を高め、さらに脂肪の吸収をゆるやかにしてくれるペプチド。


豆腐などの大豆食品には、こんなにうれしい成分が含まれています。


ダイエット中は水分が不足しがち。とうふは水分を多く含みますが、さらに水を飲むと効果がアップ。


水分をたっぷりとると、汗や尿として老廃物の排出がスムーズになり、代謝がよくなります。腸を刺激するので、便秘予防としてもOKです。


代謝を上げ、やせやすい体をつくるために適度な運動は必須。とうふの魅力は、脂肪燃焼効果のあるアミノ酸も含んでいるので、


食べたあとに運動をすると、脂肪を燃やす効果が期待できること。歩くことなど、できる範囲で取り入れて。







【すっごい豆腐開店記念セール】35%OFF!北海道産大豆の栄養が丸ごと 豆腐に! 「すっごい豆腐」...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント