FC2ブログ

キャベツダイエット

「キャベツダイエット」。


聞いたことはあっても、正しいダイエット方法を知らない方も意外と多いのではないでしょうか?


リバウンドを避けるためにも、正しく知って行いたいダイエット。正しく行ってはじめてダイエット効果は表れるものです。


それではまずはキャベツの栄養成分について詳しくご紹介したいと思います。


100gあたり23kcalという低カロリーさでダイエットには最適なキャベツ。


食物繊維が多く含まれているということはよく知られていますが、もうひとつ注目したいのがビタミンCが豊富に含まれているという点です。


キャベツの大き目の葉(2~3枚)で、1日に必要なビタミンCを摂取することができます。


ダイエット中に不足しがちなビタミンですが、キャベツダイエットの場合、そちらの心配は不要ということになります。


キャベツはそのほとんどが水分と食物繊維ですから、煮ても焼いてもダイエットをサポートするヘルシー食材です。


品種を変えればほぼ一年中手に入りますので冷蔵庫に常備して、日々の料理に積極的に利用しましょう。


キャベツを使えば使うほど、カロリー控えめのヘルシー料理になります。


食前に一定量のキャベツを食べることにより咀嚼の回数を増やし満腹中枢を刺激することで、


その後の食事量が少なくても満腹感を得られるようにする方法。


ザク切り(5センチ角)にした生のキャベツを1/6玉程度、毎食前に10分くらい時間をかけて、良くかんで食べます。


ポイントが「10分以上よく噛んで食べること」です。「10分以上噛む」という行為によって、その刺激が脳内にある満腹中枢に伝わります。


そうすると、満腹感を感じその後の食事の量が自然に減るわけです。


1日70グラムのたんぱく質をとることを忘れない(例:牛乳200ml+卵1個+豆腐半丁+魚80g+肉80g)。


主食は軽めに(通常の2/3程度を)毎食1杯が基本。ごはん1杯をうどん一玉、ビール500ml、ワイン200mlなどに置き換えることも可。


おやつはにぎりこぶし大の果物2個まで。


この食前キャベツダイエットを3ヶ月続けることで、確実に痩せることができます。


キャベツの食べ方としては、基本は生のまま食べるのがいいとされていますが、


なるべく飽きないように味付けする場合にはドレッシング(ノンオイルのもの)で柚子ドレッシング、青しそドレッシングなど、


またポン酢、しょうゆなどを揃えおいしく食べるようにします。


キャベツダイエット時に合わせて気をつけたいのが間食・油ものを適度に控えることです。


これはダイエットをする際の基本的なことですがこの部分に気をつければより効果的に成果を得ることができます。







きゃべつが美味しく食べれます。キャベツダイエットに最適です!同梱不可商品です。【送料無料...





おなかいっぱい食べてもやせる!キャベツダイエット
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント