FC2ブログ

味噌汁ダイエット

味噌汁には、健康効果はもちろん、ダイエット効果もあるんですよ。


味噌汁ダイエットは、アメリカ発のダイエット方法。日本の伝統食材を取り入れたダイエット法が流行っているんです。


そもそも味噌は、豆乳や豆腐などと同じで大豆を発酵させて作ります。


大豆タンパク質が体内で分解されて変化したものを大豆ペプチドといいますが、この大豆ペプチドは腸で吸収されるとき腸内の神経を刺激します。


すると交感神経が優位になり、血流量が増え基礎代謝がが高まるのです。基礎代謝が高まるとカロリーが消費されます。


また、太っている人は小腸の繊毛という部分が大きくなり、余分な糖分や脂質を余分に吸収してしまいます。


味噌に含まれている大豆サポニンは繊毛を正常の大きさに戻し、余分な糖分や脂質の吸収を遅らせてくれるのです。


つまり豆乳でのダイエットと同じことがいえるのですが、味噌が発酵しているという点では豆乳よりも優れています。


大豆ペプチドは発酵させることで身体に吸収しやすくなります。


つまり、味噌にはすでに吸収しやすい大豆ペプチドがたっぷり含まれていることになるのです。


さらに味噌は、発酵の工程で燃焼系アミノ酸のバリン、ロイシン、イソロイシン、の量もアップするため効率の良い脂肪の燃焼効果を期待できます。


これで味噌のダイエット効果が理解できたかと思いますが、同じ味噌でもその種類は地域によって様々、500種類以上あるといいます。


大豆が原料の味噌にはダイエット効果がたくさんあります。大豆以外のその成分と効果を以下で紹介します。


ビタミンB群


脂質や糖質の燃焼を促進してくれるビタミンB1、B2、B6といったビタミンB群がたくさん含まれています。


ミネラル


ダイエット中には不足しがちなカルシウム、カリウム、マグネシウム、鉄分といったミネラル類が豊富に含まれています。


レシチン


レシチンは、脂肪を溶かして排出してくれる効果があり、動脈硬化や高血圧を予防するはたらきもあるといわれています。


イソフラボン


女性ホルモンと似た働きをし、女性の美容や健康維持には欠かせない成分。骨粗鬆症の予防にも役立ちます。


発酵させることで、栄養分の消化吸収もスムーズになり、大豆本来の効果をより発揮させることができます。


汁物は食事の最初に飲むことで、お腹を膨らませてくれる効果があります。また、味噌汁はほとんど油を使わないので、ダイエットに適した料理なのです。


赤味噌と白味噌の効果は次のようになります。


赤味噌ですが、これは他の味噌に比べて、熟成期間が長いため、メラノイジンがたくさん作られます。


このメラノイジンは、発酵、熟成期間に作られる褐色物質で、腸管を刺激して腸のぜん動運動を活発にする事で、基礎代謝を活発にしてくれます。


他にも赤味噌には、基礎代謝を上げてくれる大豆ペプチドが、他の味噌に比べ多く含まれているためダブルで基礎代謝アップが期待できるのです。


一方、白味噌には抑制系の神経伝達物質のギャバが多く含まれており、脳に抑制の信号を伝達して空腹感を抑制する働きがあります。


このため、白味噌を飲んだ人は味噌が持つやせる効果と、間食が減って摂取カロリーが抑えられたことで、こちらもダブルでダイエット効果が期待できます。


基本味噌汁をベースに、その日の気分によって、ほうれん草などの葉物野菜、ワカメ、メカブ、豆腐、高野豆腐などを食べる直前に加えてもよし。


具材を色々変えれば、毎日飲んでも飽きることはないでしょう。


また、豆乳、キムチ、納豆を加えると、いつもの味噌汁の味がガラリと変わるのでオススメ。


基本の味噌汁に飽きたら、味にアクセントを加えて楽しんでみましょう。







お試しワンコイン特価!! お味噌汁 ランチ20回分★500円送料無料!お一人様1セット限りm(_ _)m味...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント