FC2ブログ

さつまいもダイエット

さつまいもダイエットって、なんとなく相反するような気がしますね。


でもさつまいもってかなり優秀なダイエット食品なんですよ。


さつまいもは食物繊維が多いのはもちろんですが、意外にカリウムも多いので、むくみの解消に役立ち、また美白効果のあるビタミンCも含まれています。


それは、さつまいもは消化吸収がゆっくりなんです。それは太りにくい炭水化物の筆頭だからです。


それに腹持ちがいいので、ダイエット=空腹という概念はこわされます。


さつまいもには、高い抗酸化作用のある栄養素「クロロゲン酸」が含まれており、肥満の原因になる糖分吸収をブロックする効果があります。


また、さつまいもに含まれる「ヤラピン」と「食物繊維」の相乗効果で腸内環境を活性化し、腸がキレイになることで体の代謝が上がるのもダイエットには効果的。


「ヤラピン」はさつまいもの皮に多く含まれるので、皮も一緒に食べるのがポイント。


さつまいも一本を200グラムとした場合、


エネルギー264(kcal)、たんぱく質2.4(g)、脂質0.4(g)、炭水化物63.0(g)、カリウム940(mg)、


カルシウム80(mg)、マグネシウム50(mg)、リン90(mg)、鉄1.4(mg)、亜鉛0.4(mg)、銅0.36(mg)、


マンガン0.88(mg)、βカロテン当量 46(μg)、ビタミンC 58(μgRE)、食物繊維4.6(mg)


こんなにもあります。200グラムのさつまいもというと、Mサイズの大きさです。


心配なカロリーですが、ご飯100グラムと蒸したさつまいも100グラムのカロリーを比べてみましょう。


ご飯が148Kcalに対してさつまいもは125Kcalでそんなに差がないように感じますが、約70Kcalもの差が毎日続くとどうでしょう。


さつまいもは焼き芋にしても良いし、蒸してもいいようです。


ただ、焼くと水分がなくなり、煮ると逆に水分が多くなりすぎるので、蒸すのが一番いいとのことです。


「さつまいもダイエット」の方法は、昼か夜に150gの蒸したさつまいも食べるのみ。


ただ注意すべき点として、


きちんと三食食べておやつにさつまいも、という食べ方だとカロリーオーバーです。


腹持ちがよく、便秘解消されて、それに太りづらい体質を作ってくれる。


経済的だし、おいしいし、いいダイエット方法だと思いませんか?







[送料無料]越前産 とみつ金時特級さつまいもブランド【お試し1kg】さつまいもダイエット!?で人...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント