FC2ブログ

白湯ダイエット

冷ましたお湯を飲むだけで痩せ体質になれる!? とウワサの「白湯ダイエット」。


「白湯ダイエット」とは、その名の通り白湯を飲むだけで痩せやすい体質に導く方法。


用意するのは白湯だけという手軽さも嬉しい「白湯ダイエット」の痩せる理由は以下の3つになります。


1.血液の循環がアップし、脂肪が燃焼されやすくなる


白湯を飲むことで胃腸などの内臓機能を温めることができるので、飲んだ直後から全身の血の巡りがよくなります。


内臓温度が1℃上がると基礎代謝も約10~12%上がるので、脂肪燃焼効率がよい=痩せやすい体になるわけです。


2.内臓機能が活発になり、老廃物を排出


白湯を飲んで内臓機能が温められることで内臓が活発に働くようになり、消化作用を促進。


結果、体内の老廃物を体の外に押し流す力がパワーアップ。老廃物が一掃されれば、


肝臓や腎臓などの機能がさらに活発になるので、体内の浄化にも役立ちます。


3.尿量がアップし、余分な水分を排出


白湯を飲むと、血液やリンパの流れがよくなり、体内で滞っていた余分な水分を尿として排出してくれます。


結果、尿量の増加とともに体重も減少。便秘やむくみ解消にも効果が期待できます。


ですが、この白湯を飲むだけでも継続できない方がたくさんいます。


何故か?とその理由は白湯がすぐに飲める環境がないということが一番にあげられます。


お湯を沸かすにしても人間は本当に面倒なことが嫌いなので絶対に続きません。


電子ポットがあってもお湯をそそぎ、少し冷ますために水道水をいれるわけで、それも毎日になると面倒になるわけです。


なので白湯ダイエットを継続するには白湯をすぐに簡単に飲める環境を作ることが非常に大事なことです。


「白湯ダイエット」は、1日かけて800mlぐらいを目安に、少しずつゆっくり飲むのが効果的です。


「白湯ダイエット」は、目覚めの1杯からスタート


朝は胃腸が冷えているときなので、消化力を高めるために白湯を飲んで温めます。


この時、一口ずつ10~20分ぐらいかけて飲むのが理想です。


胃腸の消化機能も活発になり、食べたものをきちんと消化できるようになります。


3度の食事中に各1杯ずつ、ゆっくり少しずつ啜るように飲むのが効果的です。


白湯ダイエットは白湯を


・ゆっくり飲むことで効果がある


・飲む量に意味がある


ということなのでこのことを頭からはずさないように気をつけましょう。


お湯を冷まし過ぎると体内の毒素を洗い流す効果が半減してしまうので、人肌より熱めの50℃前後で飲むように心がけましょう。







白湯ダイエット
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント