FC2ブログ

もやしダイエット

もやしって、100グラムあたり12~37キロカロリーと低カロリーなのに栄養たっぷりで、ダイエットにピッタリな食材なんですよ。


もやし100gっていうのはけっこうな量がありますし、それでこのカロリーっていうのはかなりの低カロリーであるといえるでしょう。


その次に来るのが、食物繊維の豊富さです。食物繊維は腸の活動を活発にしてくれて、便通がよくなります。


またお腹の中で水分を含んで膨らみ、満腹感を与えてくれます。


さらに、ダイエットの強い味方であるビタミンB2も豊富です。ビタミンB2は、脂質や糖質の代謝を促進してくれます。


その他にも、筋肉を増やすのに必要なたんぱく質や、ダイエット中不足しがちなミネラルも豊富です。


もやしには、不溶性食物繊維を多く含んでいるため、血糖値を下げ、糖が内臓脂肪となって蓄積されることを防いでくれるのです。


もともと、もやしは豆が発芽したものです。


実はこの発芽するということに大きなパワーが隠されていたのです。


豆が発芽することによって、豆のときにはなかったビタミンCが生成されます。


肥満や動脈硬化に効果があると言われるビタミンB2も豆の時の約3倍に増えるのです。


この、ビタミンB2が脂肪の燃焼を助けます。


豆よりも豊富で吸収されやすいタンパク質やカルシウム、鉄分も多く含まれているのです。


このようにもやしにはダイエットには嬉しい栄養価が多く含まれ、ダイエットにはぴったりの食材なのです。


また、もやしは腹持ちが良いため、食べたことに対する満腹感をしっかり味わうことが出来るため過食の予防にもつながります。


そのうえ、もやし自身は味に主張がなく、歯ざわりがいいので、色々な食材と相性がいいのも自慢のひとつです。


もやしを買う時、水につけられているものより、真空パックになっているものを選ぶようにしましょう。


ビタミンCは水に溶け出してしまう性質があります。せっかくの栄養素を無駄なく摂取するためにも真空パックのものを選びましょう。


もやしは何日も保存が効くものではないので、できるだけその日のうちに食べるようにして、遅くても次の日には食べるようにした方がいいでしょう。


「もやしダイエット」の方法を紹介します。とっても簡単です。


普段の食事に「もやし料理」をプラスする。


これだけです。3食もやし料理を食べてもいいし、夕食だけでも効果があると思います。







もやしダイエット
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント