FC2ブログ

馬の油ダイエット

馬の油とは、馬の脂肪を長い時間煮つめて、不純物をろ過して作った油の事です。


本来、油は変化しやすい物質ですが、馬の油はビタミンEが含まれ変化しにくいという大きな特徴があり、


その他にα‐リノレン酸という脂肪酸の一種が豊富に含まれている為、


血圧を正常にコントロールしたり、学習機能を向上させたり、アレルギー体質を改善するなど、多くの効用があります。


この馬の油を摂取する事で、総コレステロール量と中性脂肪の量が減少すると言われています。


α-リノレン酸という不飽和脂肪酸を豊富に含んでいます。


α-リノレン酸は体内に吸収されると肝臓の細胞核であるPPARαを刺激し、


脂肪をエネルギーとして使うように体に信号を出します。


そうすると、脂肪を分解する肝臓のリパーゼという酵素や、


脂肪酸と酸素を結びつけて燃やすβ酸化系酵素が活性化されます。


そして脂肪酸が燃やされ、中性脂肪が減少します。


と同時に、中性脂肪やコレステロールを蓄積するよう信号を出しているSREBP1に作用し、その動きを抑制する作用もあります。


つまり、α-リノレン酸には脂肪を燃やす働きと脂肪をためこまない状態にする働きがあるというわけです。


やり方は馬油を含むサプリメントを摂取しながら普段の生活を送ることです。


馬の油を飲むだけでも減量効果は期待できますが、一般のかたが馬の油を使う場合の、より効果を上げるポイントをいくつかあげておきましょう。


1. 食事は腹八分目にする、


2. 肉、魚、海草、貝類、豆、卵、乳製品、野菜、油脂の9品目をまんべんなくとるようにする、


3. 適度な運動を組み合わせると、さらに効果的。


ぜひ、試してみてください。







【BSP】食用馬油 ホウリン 馬の油 カンタカ   【h-weekpointup0820】





「馬の油」の成分に凄い薬効があった
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント