FC2ブログ

そうめんダイエット

そうめんダイエットとは、その名の通りそうめんを食べて痩せるダイエット法のことです。


確かにそうめんは低カロリーですし、安いしお中元などで余ってることもあり、ダイエットに適した食材だと言えるでしょう。


しかし、そのまま素のそうめんだけを食べていたのでは栄養は偏ること必至。


そうめんダイエットでは、栄養を偏らずに美味しく痩せちゃおうという画期的なダイエットなんです!


じゃあ、そうめんを食べる時に栄養面をカバーするにはどうしたらいいんでしょうか。


答えは薬味です。薬味をたくさん入れることで、いろいろな栄養素をとることができ、ダイエットにもいい効果をもたらすことができます。


ネギ


薬味の定番・ネギは、血流を良くして、身体を温めて、代謝を良くしてくれます。


しょうが


同じく定番のしょうがは、身体を温めて、脂肪の燃焼を手伝ってくれます。味もさっぱりして暑い夏にはぴったりです。



カロリーは多少上がりますが、良質のたんぱく質と、糖質の代謝を良くするビタミンB1が豊富です。


納豆


大豆のたんぱく質や、脂質と糖質の代謝を促進するビタミンB群が豊富です。納豆好きな人にはおすすめです。


鶏肉


筋肉を作るもととなるたんぱく質が豊富です。貧血気味の人にもいいでしょう。茹でたささみならカロリーも低いです。


とろろ


ダイエットの味方・食物繊維を豊富に含んでいます。便秘の解消に効果があり、満腹感も得られます。


海藻類


わかめなどの海藻類には、食物繊維が豊富で、ダイエット中に不足しがちなミネラルを補うことができます。


しそ


しそには、ロズマリン酸という糖質や脂質の吸収を抑えてくれるポリフェノールの一種が豊富に含まれています。


すだち・レモン


柑橘類には、身体を元気にしてくれるクエン酸が多く、脂質の吸収を抑えてくれる成分も含まれています。


肌や髪がパサパサだったり貧血気味といううるおいが足りてない場合。


こうした症状の場合は単純に「栄養不足」です。


しっかり栄養を摂取して、意識して身体を動かしたり甘いものを控えましょう。


オススメの薬味は「ごま」「たまご」「トマト」「茹で鶏」「納豆」「茹で豚」「ほうれん草」などなど。


肉質や野菜、粘り気のあるものがオススメです!


次に、汗をかかない・身体が冷えやすいといった水分代謝不足のタイプ。


水分代謝が上がる薬味を食べて、余分な水を出してしまいましょう。


オススメの薬味は「きゅうり」「さんしょう」「しょうが」「唐辛子」「茹で鶏」などなど。


冷え性の人は特に香辛料を積極的に摂りましょう。すぐに疲れてしまうタイプは、ダイエットをする前にしっかりとパワーをつけることが大切です。


そのままダイエットを始めてしまっては、倒れてしまいます。


オススメの薬味は「ごま」「しそ」「たまご」「茹で鶏」「とろろ」「長ネギ」「納豆」などなど。滋養強壮を考えた取り合わせですね。


次はダイエットの大敵、空腹感です。


いくらカロリーが低いとはいえ、そうめんも食べ過ぎは禁物です。


そこで、少々ボリュームのある薬味を一緒に食べることによって少量でも満腹感を感じるようにしてみましょう。


「とろろ」「茹で鶏」「茹で豚」「納豆」「ナス炒め」といった薬味は、カロリーは低くても満腹感を促してくれます。


どうしてもお腹がすいてるときは、これらの薬味を添えましょう。


最後に、くれぐれも食事を全部そうめんにするなんていうダイエットはしないように。


ここで紹介したのは、そうめんを食べる時に、ダイエットに効果的に、健康にもいいようにする方法です。


夏、そうめんを食べるなら、いろんな薬味を入れて食べるといいってことを、思い出してください。







【ポイント5倍】【30%OFF】【化粧箱入り 三輪そうめん】三輪の絹糸 14束さらにレビューを書...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント