FC2ブログ

大根おろしダイエット

大根おろしといえば、てんぷらや焼き魚などの薬味として、辛味を楽しむために使われます。


大根をそのまま食べるひとはあまりいないですが、そのまま食べてみるとあまり辛味は感じません。


むしろ甘みを感じます。大根おろしにして初めて、辛味を感じることが出来ます。


これは、大根をすることで、初めて辛味成分アリルイソチオシアネート(芥子油)が化学反応により生成されます。


アリルイソチオシアネートは、ワサビ、カラシなどの、アブラナ科の植物に含まれる辛味成分です。


わさびもからしもどちらもすることで辛味成分が生成されます。


昔から大根おろしに医者いらずという格言があります。それは、消化を助ける働きがあるからです。


また、料理人のかたでしたら、良くご存知だと思うのですが、生牡蠣を食べるときに大根おろしで洗いますよね。


これは、カキに付いている菌を殺菌しているんですよ。


他にも二日酔いにも良いといわれています。


ダイコンには様々メリットがあるのです。


ダイエットに関していえば、大根おろしの汁が体のむくみの改善や便秘の改善を手伝ってくれる作用があります。


また大根おろしにはビタミンCが多く含まれていることも有名です。


大根に含まれるカタラーゼは、活性酸素を分解する酵素です。活性酸素は老化の原因と言われています。


また、ペルオキシダーゼという酵素が大根には含まれており、魚のこげなどの発ガン物質を分解してくれます。


大根特有の辛味成分であるイソチオシアネートは、殺菌作用や胃潰瘍の原因となるピロリ菌の除去にも働くと言われています。


また、大根の葉にはカロテンやビタミンCといったビタミン類が豊富ですので、捨てずに食べましょう。


大根の皮にも、毛細血管を丈夫にして、動脈硬化を抑制するビタミンPの存在が確認されています。大根の皮もきんぴらなどにして食べると良いです。


朝・昼・夕の食事の前に大根おろしを食べます。


大根おろしの他、大根サラダや大根の煮物、切り干し大根でもOK!


食前に大根料理で空腹を満たしてから、普通の食事を取ります。


大根は100グラム18キロカロリーと低カロリーなのに、カサ高いので簡単に満腹感が得られます。


大根おろしなどの大根料理を食べた後で食事をすることで、簡単に食事全体のカロリーを抑えることができます。


しかも偏った食事になりにくいので、まんべんなく栄養素が取ることができ、健康的に痩せることができます。


偏った食事でのダイエットは、ホルモンのバランスを崩したり、骨を弱くし骨粗鬆症の原因にもなっています。


ダイエットをする時には、やはりカロリーを抑えながらも、まんべんなく栄養素を取ることが大切です。


ダイエットに成功しても、お肌ガサガサ、体がボロボロでは意味がありません!







大絶賛リピーター続出★ ぽっこりお腹には大根ダイエット!HQラディッシュスリム 600g!大絶賛リ...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント