FC2ブログ

キャベツダイエット

キャベツダイエットの基本は、食前に生のキャベツをよく噛んで食べることです。


キャベツの葉1~3枚ほどを10分間ほどかけてゆっくり食べてください。


何もつけないか、かけるならノンオイルドレッシングぐらいで毎食前に10分間噛んで食べるのです。


ポイントは「時間をかけてよく噛む」ことです。そうすれば脳の満腹中枢が1時間は刺激されます。


ですから、食事量が少なくても「腹いっぱいになった」と感じられ、しかも食べすぎまで防ぐことができるというわけです。


とてもシンプルですが、キャベツダイエットの基本の方法はこれだけです。


食前にキャベツを食べる目的は、満腹感を得ることです。


食前に一定量のキャベツを食べることにより咀嚼の回数を増やし満腹中枢を刺激することで、その後の食事量が少なくても満腹感が得られるのです。


なぜキャベツが良いのか、その理由は、食物繊維が豊富であること、ビタミンCやビタミンUなどの栄養成分が多く含まれることです。


キャベツの食物繊維を最初に胃に入れることでそのあとに食したものがゆっくりと消化されます。


便秘解消にも効果的です。


また、キャベツのビタミンCやビタミンUなどの栄養成分は、お肌や胃腸にも良く、ダイエット中に悩みがちなお肌のくすみも解消されます。


キャベツダイエットは、基本的に厳しい制限はありません。


ひとつは、1日に70gのタンパク質を必ずとること、これをしっかり守っていただきたいと思います。


なぜなら、タンパク質が十分とれていないと、筋肉が落ちてしまうからなのです。


筋肉が減ると基礎代謝量もいっしょに落ちてしまうため、体重が減らないのです。


ですから、筋肉を維持する必須アミノ酸をタンパク質から補う必要があるわけです。


ダイエットで大切なことは無理せず長く続けることです。


極端な食事制限や、偏った食生活ではリバウンドを起こす可能性が高いです。


食事の量を極端に減らしてしまうと体に必要な栄養素まで不足してしまいがちです。


すると、体内の老化が進んで、筋肉も落ち、余計に新陳代謝が悪くなり食べたもののエネルギー転換がうまく行なわれなくなってき


て逆に太りやすい体質になってしまいます。


この、キャベツダイエットの基本の方法では、通常の食事の量を全体的に抑えることができ、必要な栄養も摂ることができるので、


健康的にダイエットができるのです。


ダイエットできることで、体重が減りますから腰痛や腰痛の改善、キャベツに含まれるビタミンCによる美肌効果、ドロドロ血液、糖尿病、高血圧、便秘の解消にもよく効きます。







きゃべつが美味しく食べれます。キャベツダイエットに最適です!【焼肉・にんにく】牛角 やみ...





食前キャベツダイエット
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント