FC2ブログ

トマト酢ダイエット

トマトは元来夏の食べ物で、体のほてりをとる効果があることで知られています。


また、コレステロールを下げるので、肉などのつけあわせにはとてもよい食材です。


さらに、高血圧や食欲不振、血糖値の改善などの食事治療にも、応用することができます。


欧米では「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがあるほど、トマトの健康効果は知られており、


肥満、高血圧、糖尿病の予防や治療にも積極的にとり入れられています。


そして、もうひとつ、トマトの持つ大きな効果が、ダイエット効果です。


トマトは、腸管をうるおわせて便を排出する作用と、余分な水分であるむくみをとる作用を兼ね備えた食品。


体の老廃物や余分な水分が排出されれば、自然とやせやすい体になっていくのです。


生のトマトには傷みが早いという弱点があります。そのため、私たちの食卓に並ぶのは、青いうちに収穫して出荷されたものがほとんど。


ほんとうは、枝で熟させた完熟トマトのほうが、栄養的にもすぐれ、ビタミンAやビタミンC、リコピンなどが多く、食効もより高くなるのです。


そこで注目したいのがトマトジュースです。トマトジュースの原料には、完熟トマトが使われているため、


通常のトマトを食べるより、効率よくたくさんの成分をとることができます。


このトマトジュースの力をさらに高めるために、ぜひ組み合わせてほしいのが酢。


トマト酢ドリンクにもろみ酢を使用すると、エネルギー代謝を活発にするクエン酸が豊富な為


ダイエットはもちろん、肩こりや疲れが気になる方にお勧めです。


また、リンゴ酢でトマト酢を作ることによって、ダイエットだけでなく美肌効果や高血圧、


アトピー軽減にも効果があるとされるクエン酸やリンゴ酸など、体にいいとされる成分を効率よく摂取することができます。


トマト酢ドリンクに黒酢を使用すると、17種類ものアミノ酸を含んでいるので新しい細胞を作り出す主成分となり、


代謝を活発にしてくれるのでダイエットにお勧めです。


トマト酢の材料はとてもシンプルで、トマトジュース150mlと大さじ1の酢があればOKです。


トマト酢ドリンクの作り方は、グラスにトマトジュースを注ぎ酢を加えてよく混ぜるだけです。


トマト酢ドリンクでダイエットをする場合、食前に飲むのが基本ですが、トマト酢の刺激が強すぎると感じる様なら食後に飲んでも大丈夫です。


一杯のトマト酢は約30kcalで、朝と晩の2回、食前に摂取する習慣をつけるとダイエットにいいでしょう。







あの朝の情報番組でも紹介!話題の飲めるお酢!のむトマト酢
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント