FC2ブログ

アロエダイエット

アロエは昔から殺菌や火傷など、さまざまな症状に効き目を示す民間治療薬として知られてきましたが、食品としてダイエットにも役立つ優れものです


アロエの葉肉はカルシウムやマグネシウムなどのミネラルを豊富に含み、ノンカロリーで腹持ちがよいことで知られています。


まさにダイエット食品としてはうってつけで、整腸作用があり、便秘解消にも一役買ってくれます。


アロエに含まれているアロインが体内に取り込まれると、大腸の腸壁筋肉の運動を活発にし、便通をスムーズにします。


また、葉肉のゼリー部分にある多糖体(ムチン)は、腸管内で老廃物や未消化物を吸い付けて、それを排泄させるともいわれています。


さらにアロエマンナンなどの成分が、肥満の原因になると考えられている血液中の中性脂肪を減らして、きれいな血液をつくってくれるのだそうです。


直接アロエが肥満を解消するわけではありませんが、便秘の解消、中性脂肪を減らすことが、結果的にダイエットにつながっていくというわけです。


また、自律神経の乱れを整えるという効果もあるといわれ、ストレスからくる過食の防止にも役立ちそうです。


しかし、どんなに万能とはいえ、気をつけなくてはならないことがあります。


アロインには強い下剤的効果があるため、妊娠中に服用すると場合によっては流産を招いたり、月経時にはひどい出血につながる可能性もあるといいます。


このようなときの使用はできるだけ避けたほうがよいでしょう。


アロエを食べて便がゆるくなりすぎるようであれば、量が多い証拠。使い始めは少量から、徐々に増やしていくとよいそうです。


アロエでダイエット効果を得るには、アロエを丸ごと生を食事とともに、または食後すぐに食することが有効なことがわかっています。


アロエでダイエットするときですが、はじめから大量に食するとお腹をくだしてしまう恐れがあるので注意が必要です。


慣れるまでは少量から増やしながらダイエットをしていきましょう。


アロエの効果だけを考えるなら、生で食べるのが一番。また、アロインは皮の部分に多く含まれているため、皮も一緒に利用するほうが効果的だそうです。


アロエは一番外側の葉から使っていきます。切るときは根元から。水できれいに洗い、両側のトゲの部分をナイフや包丁で取り除きます。


食べやすい大きさに切り、よくかんで食べます。


慣れていない人は葉肉から。葉肉(ゼリー)の部分には、生臭さや苦味がほとんどありません。


水できれいに洗い、トゲをとり、野菜の皮をむく要領で、表皮・裏皮を取り除きます。


生の葉は苦手という方に。ジュースやドレッシングなどに利用できます。皮も一緒にすりおろせば効果に違いはないそうです。


水できれいに洗い、トゲをとり、おろし金でおろし、ガーゼなどでこします。


夏でしたら、アロエのトゲをとり薄切りにして冷凍室で凍らせて、アロエシャーベットをつくると食しやすいです。


また、アロエを他の果物とジューサーにかけてアロエジュースにしていただく、


アロエのみをジューサーにかけて寒天と蜂蜜を加えてアロエ寒天をつくっても良いです。


最終的には個人差がありますが、1日5g程度のアロエを丸ごといただくのがダイエットの目安です。







食物繊維強化・スッキリした飲み心地!沖縄県産アロエ飲料「すっきりアロエ。」500ml
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント