FC2ブログ

とうがらし梅茶ダイエット

中国では薬として使われることもあるという「梅」。今回は、その梅を使ったダイエット法のご紹介です。


その名も、とうがらし梅茶ダイエット。


やり方はいたって簡単で、梅干しをほぐしてそこにお茶を注ぎ、最後にトウガラシの粉をひとつまみ加え、1日1、2杯を飲むというもの。


トウガラシ茶を飲むだけで、どうしてやせることができるのでしょうか? 


まず、梅には血液をきれいに保ち、疲労を回復し、イライラを解消、さらに老化を防ぎ美容を保つなどさまざまな作用があります。


これらの多くは、梅に含まれるクエン酸などの有機酸やミネラルの働きによるもの。


疲れの原因になる老廃物・乳酸を体外に排出したり、水分代謝を調整したりすることで、このような薬効が得られるといいます。


そして、このダイエットのカギを握るのが、とうがらし梅茶に含まれるトウガラシ。


トウガラシには、ダイエット効果が高いことで知られる辛み成分「カプサイシン」が含まれています。


カプサイシンは体内に吸収されるとアドレナリンの分泌を活発にするので体が温まり、代謝もアップ。


美肌やダイエットにも効果的だ。この2つを一緒に摂ることで、ダイエットにも相乗効果を発揮します。


また、脳に刺激を与えることで血液循環を活発にし、梅のクエン酸をすばやく体のすみずみにまで届けてくれる働きもあるそうです。


梅に含まれるクエン酸は血液をきれいに保ち、疲労回復やイライラを解消するのに効果的。


飲む回数も、量も、とくに決まりはありませんが、トウガラシを毎日大量に摂取すると、体に耐性ができてしまい、効果が薄れてしまうといいます。


一度にたくさんの量を飲むのではなく、1日1~2杯を毎日続けるのがよいでしょう。


お茶の種類は緑茶がお勧めですが、番茶やお湯などお好みでよいそうです。


辛いものが苦手な人は、トウガラシの量を加減するなどの工夫を。


こんぶ茶入りの梅トウガラシ茶を飲むと、食物繊維が豊富なため、便秘にも効果的だそうです。


さっぱりとした梅の香りに、トウガラシのピリッとした辛さがアクセントになって飽きない味の、とうがらし梅茶。


暑い夏にこれを飲めば、体のなかからカッカと熱くなり、やせていく実感を得られそう?!







ピリッとした唐辛子と紀州の梅の味が自慢!【夏バテ防止に塩分補給】☆お徳用☆とうがらし梅茶5...
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント