FC2ブログ

スキムミルクダイエット

スキムミルクダイエットとは、カロリーコントロールによるダイエット法です。


スキムミルクダイエットで使用するスキムミルクは牛乳から脂肪分を取り除いた脱脂粉乳と言われるもので低脂肪で栄養素がそのままのダイエット食品です。


スキムミルクは粉末であることを除けばその栄養成分は牛乳とほぼ同じですが、一つだけ大きく違う点があります。


それは牛乳に比べて脂肪分が圧倒的に少ないことです。


元々「脱脂粉乳」と呼ばれているわけなので当然といえば当然ですが、


牛乳の高タンパク質でカルシウムなどを豊富に含むという長所はそのままに、


更に脂肪分が少ないというダイエッターにとってなかなかありがたい食品というわけです。


スキムミルク豊富に含まれている牛乳由来のカルシウムには体脂肪の増加を防ぎ、分解を促進する働きがあるといわれています。


もちろんスキムミルク以外の食品でもカルシウムは補給できるのですが、


吸収性が高く脂肪分など余計な栄養素を含まないスキムミルクでのカルシウム補給は、


とても効率の良い方法であると言えるでしょう。


スキムミルクは戦後の日本で牛乳の代わりとして飲まれていたくらいなので、


そのまま水に溶かしても飲むこともできなくはありませんが、ハッキリ言って美味しくありません(笑)


そこでスキムミルクを少しでも美味しく食べる方法をご紹介しましょう。


砂糖無添加のヨーグルト100gに対してスキムミルクを15~20g加え、


果物やココアパウダーなどを加えてよくかき混ぜれば出来上がり。


お腹が空いた時の間食として食べれば、ダイエットのストレスが軽減されるでしょう^^


尚、ヨーグルトにスキムミルクを混ぜてから室温(20~30℃)で半日ほど放置すると、


ヨーグルトに含まれる乳酸菌の数が劇的に増えます。


乳酸菌は腸内環境の改善に役立ってくれますので、時間のある方はお試しください。


体に良いカルシウムも、食べ過ぎると逆に体調を崩す事があります。


またスキムミルクには牛乳由来の乳糖が含まれているので、


牛乳を飲むとお腹を壊すという体質の人も注意が必要です。


くれぐれも過剰に食べ過ぎたりせず、他の食品とのバランスを考えるようにしましょう。







【スキムミルクダイエット】森永スキムミルク225g♪
スポンサーサイト



トラックバック URL

トラックバック

コメントの投稿

コメント